マレフィセントのネタバレレビュー・内容・結末

マレフィセント2014年製作の映画)

Maleficent

上映日:2014年07月05日

製作国:

上映時間:97分

3.5

あらすじ

「マレフィセント」に投稿されたネタバレ・内容・結末

個人的にストーリーの最後は童話と同じにしてほしかった…
素敵なお母さん…
守護神…?
でも思いが通じてよかった…
綺麗な世界観
今まで知っていた眠りの姫のイメージ変わる
王子さまが不敏…(笑)
相手の悪さ(だと思う)が原因によって我を忘れるくらい怒れてしまう性格の自分にはマレフィセントの気持ちがよく分かった。相手が悪いと思っちゃうんだけどね。でもなぜか最終的に更に損をするのは怒った自分なんだよね。理不尽ですよなぁ。相手が悪くてもそれを許すくらいの大きな器であれば良いのかなぁ。

真実の愛、先が読めてはしまったけど、良かった。
母子愛?本当の子供じゃないけど
そっち!?ってなる

悪者も悪者で悪者になってしまった事情があるもの?

映像は綺麗
子どもの頃のオーロラは、アンジェリーナジョリーの実の子どもが演じてる。

肯定的ではないけれど、なんだかんだオーロラのこと見守ってるマレフィセント。

眠れる森の美女観たい。

マレフィセントの頬骨?が気になってしまって、あれは本物?作り物?と心配になってしまった。調べてみたらどうやら特殊メイクらしい。

マレフィセントの翼のビジュアルがちょっとこわかった。

ダコタファニングって妹いるんだ!エルファニングって名前か〜、って知ってから数日後に、出ているのを知らずにたまたま観たのでちょっと感動。

20180914
マレフィセントの過去が知れて面白かったし絵が可愛いし親子愛素敵と思ったけどやっぱり王子のキスで目覚めてほしかったかな。。
マレフィセントがオーロラが大切になってしまって呪いを解けるようにするところがちと泣ける

つか王様クズ過ぎる
2014年ディズニー製作。『眠れる森の美女』を魔女マレフィセント側から語り直す翻案映画。「出会ったばかりでは真の愛かどうか分からない」というモチーフや、能力を持つ女性が迫害される展開は『アナ雪』と共通。同時に凄まじいメリトクラシー(能力主義)的映画でもあった。三人の妖精は、無能で愚痴が多いということで、アンジーの一瞥をもって発言を退けられる。女性たちが育児に興味がないか能力が追いつかないのに対し、カラスのサム・ライリーだけは花の蜜を運んであげたりして、さりげなく「理想の男性像」最新版を示すあたりも巧妙。
極悪レベルの悪人というイメージのあるマレフィセントを実は善人でしたっていうストーリーにするのがスゴイ
しかもオーロラ姫の父親が真の極悪人って
、、、マレフィセントの羽を切り取るのは流石に鬼すぎそりゃあ怒るよ
洋画あるあるだけどCG感がありすぎたのがちょっとなぁ
マレフィセントの少女時代が素敵すぎて、本来の結末を想像していた自分には凄く悲観的に見えたんだけども、ラストになって、ハッピーエンドで終わって欲しいような、バッドエンドで終わって欲しいような謎の葛藤があった。
ラストにホッとしたが、うーんしかし、ここはみんなの知っている結末にしてほしい気もする。
アンジェリーナ・ジョリーは安定の綺麗さであった
>|