マレフィセントのネタバレレビュー・内容・結末

マレフィセント2014年製作の映画)

Maleficent

上映日:2014年07月05日

製作国:

上映時間:97分

3.5

あらすじ

「マレフィセント」に投稿されたネタバレ・内容・結末


何度も何度も裏切られて、
彼女を悪役にしてしまったのは人間
マレフィセントの悲痛な叫びに胸が痛くなる...

大切なものを取られて人生を変えられたんだから怒るのは当然だと思うし、
相手にそれが伝わる一番の方法は同じことをすることでしょう
呪いをかけるのも納得できる

でも、オーロラを見ているうちについつい助けちゃったり 妖精にイタズラしたり
ちょっとおちゃめなマレフィセントとディアバルが大変かわいい!

川でどろんこになって遊ぶシーンがすきです マレフィセントの容赦ない反撃!笑

オーロラが産まれてから、そばでずっと見守っていたのはマレフィセント

この世に真実の愛なんてないって言っていたけど、オーロラを助けるために必死になっていた姿は間違いなく愛だった

眠ってしまったオーロラにキスするシーン、泣いてしまった...


綺麗なのは言わずもがなだけど 少し眉毛が下がったり、目線とか、
微かな唇の動きからマレフィセントの気持ちが凄く伝わってきて
アンジェリーナジョリーってすごい。
あんまり映画見る時役者さんのこと考えないけど今回は思わずにいられなかった...
マレフィセントのアンジェリーナ・ジョリーを見るための映画。原作での悪者がいい者にになってる代わりに、原作でのいい者が悪者になってる。
眠れる森の美女とは内容が違った。
マレフィセントの幼少期から話が始まる。幼少期に裏切られたことから王国に恨みがあってオーロラに呪いをかけたのに、なぜか成長を見守ってる。そのうちオーロラに情が芽生えて、親子みたいに会話しちゃってるし〜萌える〜〜オーロラが素直でめちゃかわいい…
実質男に真実の愛なんて求めてはいけないという映画

家族愛です。マレフィセントとオーロラの!
醜い子と言い続けながら世話をするツンデレママと器量のいい美しい娘のお話
私は好き。見る人によっては百合。

王子は真実の愛のキスが出来なかったけど、カラスの言うとうりマレフィセントは出来るんですよ

ズッコケ妖精3人組の代わりに見守ってたマレフィセントだから出来たんです

最後にオーロラ姫自身の独白であると明かされることから、眠れる森の美女の話は嘘なんですよ、本当はこうなんですっていうオチ

愛に溢れてるからディズニーってやっぱりいい
現実だとこうならねぇはァ~~~(クソデカため息)
4回くらい泣いた。わたしは愛に弱い。

人間の愚かさに嫌気がさした。裏切られ続けるマレフィセントが本当に可哀想で…
でもあいつに心や羽を奪われていなければ、オーロラは生まれていなくて真実の愛を見つけられていなかったと思うとマレフィセントも傷付いた過去さえオーロラという存在には変えられないんだろうなと思った。

マレフィセントがオーロラの額へキスをしてオーロラが呪いから目覚めるシーンは展開が読めてはいたけど本当に美しくて最高だった。
出会ったばかりの王子との“真実のキス”なんかで呪われたお姫様が目覚めるわけないっていうモヤモヤが吹き飛ぶ映画でもある。
まさか、同時期上映のアナと雪の女王とオチが被ってるなんて…
最初は面白いのかな?と思ってたけど、段々面白くなってきた!

素晴らしい物語だと思った。でも、マレフィセントを裏切った王様ひどいと思った。

マレフィセントが大好きになった!オーロラとマレフィセントの組み合わせがすごく良かった!
王女を目覚めさせたのが、他でもないマレフィセントだったところにグッときました
死なせてやるつもりだったのに、情が生まれるところが好きでした
私は原作を知らないので、なんとも言えないのだが、真実の愛の捉え方をひと捻りした面白い映画だと思った。「魔法にかけられて」とはまた違ったキス違いで中々良かった。
話全然変わっててわろた

マレフィセントに寄りすぎ
>|