マレフィセントの作品情報・感想・評価

マレフィセント2014年製作の映画)

Maleficent

上映日:2014年07月05日

製作国:

上映時間:97分

3.5

あらすじ

ある王国で、念願のプリンセス、オーロラ姫の誕生を祝うパーティーが開かれている。招待客たちが次々に祝福に訪れ、城は幸福感で満ちていた。“招かれざる客”である邪悪な妖精マレフィセントが現れ、オーロラ姫に“永遠の眠り”の呪いをかけるまでは…。 はたして彼女は何者だったのか?なぜオーロラ姫に恐ろしい呪いをかけたのか?そして、その呪いがマレフィセントとオーロラ姫にもたらす驚くべき運命とは…?すべての謎を…

ある王国で、念願のプリンセス、オーロラ姫の誕生を祝うパーティーが開かれている。招待客たちが次々に祝福に訪れ、城は幸福感で満ちていた。“招かれざる客”である邪悪な妖精マレフィセントが現れ、オーロラ姫に“永遠の眠り”の呪いをかけるまでは…。 はたして彼女は何者だったのか?なぜオーロラ姫に恐ろしい呪いをかけたのか?そして、その呪いがマレフィセントとオーロラ姫にもたらす驚くべき運命とは…?すべての謎を解く鍵は、マレフィセント自身の封印された過去と、観客の予想を鮮やかに裏切る“真実の愛”に隠されていた…。

「マレフィセント」に投稿された感想・評価

Chisato

Chisatoの感想・評価

3.3
人間ってやーね。てはなし
ディズニーはなぜこれを作ったのかがわからない...
これ単体だといいお話で終われるけど眠れる森の美女があるのだから...ふむ
ゆきた

ゆきたの感想・評価

3.6
ヴィランズはどこまでも悪役でいてほしかったな、という思いもありつつ、こういう秘話みたいなのがあっても面白いなと思わせる作品でした。普通に面白い。
かふ

かふの感想・評価

2.7
何というかスッキリしなかった
映像はおとぎ話らしい美しさ。ストーリーには現代的な示唆を感じたけど、個人的にはあまり深みを感じなかったのが少し残念。
愛する人に裏切られる憎しみと悲しみの物語!
確かに切ないけど…スティファン王子が人生を捧げるほどの男じゃないのが残念すぎ…。
最後の最後まで最低で悲しくなりました。
アンジェリーナジョリーは美しく神秘的!ただ…母性ある人間臭さに若干の違和感がありました。
ディズニーヴィランズ好きにとってみると…蛇足以外の何物でもないと言うか…。。。
見る必要なかったな…と言うか、見なきゃ良かった。こんな設定は、ヴィランズには必要無いと思ってしまいます…。

こちらの映画と近い時期に公開されたアナ雪でも思いましたが、社会のあり方、特に、女性の社会でのあり方や立場の変化に合わせ、「真実の愛」の解釈を変える必要が出てきたのだろうと感じました。
王子様と出会えるかどうかで人生の全てが変わり、その愛と出会うまで健気に生きる、清く正しい美しく、優しく、品良く生きていれば、白馬の王子様が迎えに来てくれて幸せになれる、そういった生き方が今までは憧れのプリンセス像でしたが、女性の社会進出によってそうは言っていられなくなったのでしょう。
そして、あの有名な悪役も、かつてはプリンセスだったよ!でも色々あって強くなって、女性一人きりで、過去の傷を糧にして強く生きるよ!結果真実の愛も知れたよ!と。
結婚や出産だけが女性の幸せじゃないもんね?という媚びを感じる気がしてしまいました…。
蛇足です。。。
カッコいい実写マレフィセント!と思って観たのに…がっかりしてしまいました…。
Ariel

Arielの感想・評価

4.3
これは泣く。
ぼろぼろ泣いてしまう。
>|