マレフィセントの作品情報・感想・評価

マレフィセント2014年製作の映画)

Maleficent

上映日:2014年07月05日

製作国:

上映時間:97分

3.5

あらすじ

「マレフィセント」に投稿された感想・評価

ぽにょ

ぽにょの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

最近のディズニーは一目ぼれは宛てにしない路線のようで今回も王子様が空気だった。
あと、やっぱ映像、3Dだしアンジェリーナジョリーが美しすぎて画面がずっと綺麗だった…
オーロラもめっちゃかわいいけど。
ディズニー実写はお金かかってる感あっていいよねぇ。アニメもお金かかっているんだろうけど。
まじかよマレフィセント妖精かよってところから飽きずに見れたしよかったな。
鉄でやけどしてしまうってのがすげえメルヘン設定でよかった。
でも跡が残るわけじゃないのねそれはいいことね。
とか。
最後オーロラが国を治めるみたいな話になっていたけどいくら情がうつったとはいえなんというか一度は愛した憎い男とそのまま結婚した女の人との子供だけどそれはいいんだ!?てなったなぁ。
でもまあ真実の愛だそうなので大丈夫か。てので。なかなかよかったです。うんうん。
も

もの感想・評価

2.8
うはははほはははは
くるま

くるまの感想・評価

3.9
ちょっとこわいけどだいすき
shunGo

shunGoの感想・評価

3.6
"真実の愛は、存在しない"

眠れる森の美女で登場する魔女マレフィセントにフォーカスしたオリジナルストーリー。
マレフィセント役はアンジェリーナ・ジョリー。
オーロラ姫はエル・ファニング。

とある人間の王国と隣の妖精の国ムーアは仲が悪かったが、幼少期にステファンとマレフィセントは出会う。2人は恋仲に発展するが、ステファンは心変わりし2人の関係は消滅。数年後に再び再会するが、それはステファンが国王の後継者になる為にマレフィセントを殺す目的だった。殺す事は出来なかったが翼を奪ったステファンは国王となり、マレフィセントは裏切られた憎しみと復讐心に染まり幼きオーロラ姫に呪いを掛けてしまうが、、、、

今まで観てきたディズニープリンセス系の話の展開と違ったパターンで面白い。
"真実の愛のキス"の意味がこれまでの物語と違くて少し大人なストーリーになっている。

ステファン国王とマレフィセントの役回りが眠れる森の美女と逆になっているギャップが良くて、ステファン国王が悪、マレフィセントが良いキャラに設定されておりマレフィセントが根は良い人だって言うのがよく分かる。

復讐心に心を蝕まれたマレフィセントが、オーロラ姫の成長を見守る中で彼女の底抜けな明るさに救われた善人に戻ろうとする姿が印象的。

最近見たJOKERもそうだけど、
"悪は善から生まれる"って本当なのかも。
美しい映像に改変で生まれたマレフィセントとオーロラ姫の関係…非常に良い…
典型的な運命の出会いからクズ真っしぐらのステファンまじでクズ
元はとても純粋なマレフィセント。愛した人に裏切られ、翼をもがれ、真実の愛という幻想が壊れてしまう。
憎しみと復讐心がダークサイドを引き起こし、闇のマレフィセントと化してしまう。

復讐心の矛先は愛した人間の娘、オーロラ。感情的になり呪いをかけてしまうが、成長していく子供のオーロラを見ているうちに純粋な心が甦ってくる。

心のダークサイドとライトサイドの葛藤が表現された作品。

ダース・ベイダーとなったアナキンほど、ダークサイドを強く出せない絶妙な中途半端さが伺えるマレフィセント。
そのどっちつかずなところにリアルな魅力がある。
ままと映画館にみにいった!いい映画だった♪
蜜柑

蜜柑の感想・評価

3.6
男がダメなだけなのに。
>|