おくの

キャプテンハーロックのおくののレビュー・感想・評価

キャプテンハーロック(2013年製作の映画)
2.1
原作未読な為、ハーロックというキャラクターを作った松本零士が凄いと思った。
素直にかっこいいと思う。

フルCGでかなり綺麗な世界観、キャラクターデザインを楽しめる。
特に衣装、装備、戦艦などのデザインがこれ以上なくグッときた。

けれど、ストーリーが呆れる程どうしようもなく説明不足であり、またデザインが良くてもこの映画においてのキャラクターの性格に魅力がなく、とってつけた様な感じだった。

個人的に一番の短所は、作品の根幹となる人物ハーロックの演出が残念なところ。キャラクターの設定がいくら魅力的でも、小栗旬の声は、見た目の割に抜けているし、話し方も沢城みゆきとの対比でかなり下手に感じる。

折角世界観や魅力的なデザインが揃っても、プロットとキャスティングで台無しになってしまっている、非常に残念感がある作品。