キャプテンハーロックの作品情報・感想・評価

「キャプテンハーロック」に投稿された感想・評価

58点。
最初のシーケンスのとってつけたような説明テロップが超絶鬼ダサくてマイナス5億点。あそこまでダサくするのもむずかしいわって書体とデザイン…。
CGのクオリティは素直に凄いと思う。全員美男美女のFFムービーの系譜。この手にありがちな、有り得ないカメラポジションとやたら動くカメラワークも、まあ昔に比べれば落ち着いてきた。が、やはりシーンごとのライティングコンセプトがピクサーやディズニーにはとても及ばない。日本のドラマを見てるように、皆明るくて顔綺麗に写ってるなーみたいな。質感、エフェクト周りやアルカディア号デザインはなかなか良かった(男性器の象徴?)だけに残念。

問題はお話がちょっと良く分からない。その人が『何のためにそれを』しているのかすぐ見失ってしまう。話の規模の割に登場人物の動機の薄さ(軽さ)や行動の範囲が小さすぎるし、はっっっきりいって全員自業自得だし、ずうっっっと捕まって戦って逃がして…の繰り返しなだけって(こいつどうやってここに居るんだっけとかばっかり)あまりにもなんじゃねえとかと思う脚本です。

あ、ハーロック自体には何の思い入れも無く鑑賞した感想です。声優も問題なくハマってたと思う。
海外や人によっては評価が高い。期待するものの違いで、満足度が変わるのかなぁ。
説明ゼリフで繋ぐ、カッコいいシーンとカッコいいセリフとカッコいい展開。挙動の軽い綺麗なCG。仕種や行動で伝わらない個性は感情移入できない。
先考えずにやらかして後悔するキャラばかりで苛苛する。
思い悩みウジウジして過去を無かったことにしたい、死ねないハーロック。
5000億人も何処にいるんだ。どうやって生活してる。
ヘルメットを被ったモブキャラは多いが、一人一人顔からCGを作るのが大変だからか、描かれる世界は狭い。
ラストもブレてる。

制作費30億円。脚本:福井 晴敏ほか。

遠い昔か、それとも遥かな未来。人類は銀河の隅々に進出したが、異星人文化発見に至らず、地球への帰還を望む。
しかし、5000億人を地球が収容しきれず、居住権を巡って「カム・ホーム戦争」を引き起こす。
終結の為、統治機構ガイア・サンクション”を設立、地球を“聖域”として封印。
その支配に反旗を翻すアルカディア号を駆り、100年銀河に悪名を轟かせてきた不死身の宇宙海賊キャプテンハーロック。
広域指名手配S-00999。
乗組員はヤッタラン、ケイ、古代異星人ニーベルングの最後の1人ミーメ、トリさん他。
ガイア・サンクションはハーロック暗殺とアルカディア号の調査のため、下部組織ガイア・フリート長官イソラの弟ヤマを送り込む。
CHANELGIRL

CHANELGIRLの感想・評価

1.5
日本映画🇯🇵
原作のハーロックとはまた違う設定、キャラクタービジュアル、ストーリー

興味の入り口としては悪くないのではと思う

小栗旬と三浦春馬、蒼井優にもほとんど違和感なし
映像もクオリティ高いので
深く考えず見る分にはSF艦隊戦ものとしてはあり。

原作ファンには受け入れてもらえそうにはないけども
アルカディア号の無双っぷりが爽快!
キャプテンハーロック は劇場版の「我が青春のアルカディア」しか観たことないけど、この作品はオリジナルストーリーなのかな?最後まで楽しんで鑑賞♪
ストーリーやら、キャラクターは置いといて、とにかく映像の迫力!!
yasuさん

yasuさんの感想・評価

1.5
ハーロックどうした?何してんねん??

これも時代の流れか…
松本零士原作「宇宙海賊キャプテンハーロック」をベースにした、日本最高峰クオリティのフルCGアニメーション作品。

存在は知りつつも、キャプテンハーロックという題材に興味が湧かないまま観ていなかったが、ここまで映像のクオリティが高いと思わなかった。
すごい。


Wikiを読むと「世界で通用するアニメを日本で」とか「予算は数十億円(ネットだと30億円と言われ)」もかけられているのに国内での興行は5億円の大赤字、など話題豊富な作品だが、世界で通用するクオリティのアニメなのは間違いないと思う。

キャストも当時人気絶頂だった小栗旬や三浦春馬と、実力も兼ねた人をキャスティングしていて気合の入り方を感じ取れる。


ストーリーだって、漫画をベースにしつつもオリジナルキャラのヤマを主役に構えている新しい構成なので、初見の人でもまったく問題なく観ることができるし、古くからのファン向けにトチローを過去シーンで出したりと幅広くターゲットを網羅していて悪くない。


全体的に悪くないし、なんなら褒める部分の方が多いのに、なぜヒットしなかったのか…。
それはキャプテンハーロックという題材が時代のニーズにあってなかったのだろう。


2013年のヒット映画と言えば「永遠のゼロ」「風立ちぬ」「モンスターユニバーシティ」「テッド」「アイアンマン 3」などなど…。
重厚なSFや人類の敗退の希望なんてまっくトレンドではなかったんだなぁ。


かと言ってこれだけの予算を原作が無いものに注ぎ込む事はできないのはわかるが、もっと他に題材あっただろ〜〜〜と…。

この超絶クオリティ作品が埋もれてしまっている日本アニメの状態に悲しくなってしまった。
>|