ゆきひろ

謝罪の王様のゆきひろのレビュー・感想・評価

謝罪の王様(2013年製作の映画)
2.1
この男「阿部サダヲ!」の演技と顔が、生理的に嫌いだ。
嫌いなら見なければいいのに…
私はこいつが出演している全作品を劇場・レンタルDVD ・録画と何度も見ます。
これからも、こいつの作品を無視すると、なんだか自分がこいつに負けたような気がするので見続けるでしょう。
こいつのワザトラ演技と顔が受け付けないだけで、案外と作品自体は面白かったはずだが…

これは残念…
いやいや…ざまぁ~みやがれ!
やっぱり、お前が出てるとつまらんな~!と思える作品です。
ちょっと、嬉しいσ(^_^;)?

豪華なキャストの無駄遣い。
後半失速のストーリー。
そして、致命傷のエンドロール。韓国パクリの恥ずかし娘のE-girls 、意味不明…
EXILEのパフォーマーの数と同じく、意味不明…
邪魔なだけです┐( ̄ヘ ̄)┌

あれっ!…
阿部サダヲが悪いんじゃないじゃん!
本書いたクドカンがダメなんだ!
糞~っ!残念…(ノ-_-)ノ~┻━┻