ユートスカイウォーカー

トレマーズ4のユートスカイウォーカーのレビュー・感想・評価

トレマーズ4(2004年製作の映画)
3.1
シリーズを通してバート・ガンマーのファンでなければ決して期待してはいけない作品。

舞台は1889年、西部開拓時代のネバダ州にさかのぼる。
なぜ、バート・ガンマーがパーフェクションに住んでいるのか。
なぜ、バート・ガンマーが武器マニアなのか。
バート・ガンマーの起源に迫る。

西部開拓時代×モンスターパニックとして良くできているとは言わないけど、結構ちゃんとできてる。
噛みタバコに中国人の移民等々。
少なくとも『カウボーイ&エイリアン』よりかはまとも。

西部といえばガンマンだけど、あまりそこに執着してない一面も面白い。
『えっ?ガンマン呼ぶの?あいつらすぐぶっ放すじゃん。』
見たいな田舎ノリ。

トレマーズシリーズの醍醐味と言えば、登場する武器の豊富さが挙げられる。
その点ではこの時代の武器がここまで豊富に登場する作品は他に無いんじゃ無いかと思うくらい豊富。

ここまで見てようやくグラボイズの生態系が理解できるなど、コアなトレマーズファンにはそこそこ面白い。