Hiro

ウォールフラワーのHiroのレビュー・感想・評価

ウォールフラワー(2012年製作の映画)
4.7
スクールカースト最下位のチャーリーは高校でサムと義理の兄のパットリックと出会う。
自殺した親友、おばさんとのトラウマ、などいろんな悩みを抱えていたチャーリーの心の穴は徐々に楽しい日々によって埋まっていく
チャーリーのサムへの切ない恋心やつまらない日々が愉快な仲間によって一変してく様がとても心地よい映画でした。
とってもステキな映画で青春の中でもっとも多感な16才を描いている。ものすごく共感できて懐かしい日々に浸れる映画です。
DVDが2枚分買えるくらいTSUTAYAで借りたほど好きな映画です笑