ウォールフラワーの作品情報・感想・評価

ウォールフラワー2012年製作の映画)

The Perks of Being a Wallflower

上映日:2013年11月22日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.8

あらすじ

チャーリー(ローガン・ラーマン)は、小説家を志望する16歳の少年。高校入学初日にスクールカースト最下層に位置付けられ、ひっそりと息を潜めて日々をやり過ごすことに注力していた。ところが、彼の生活は、陽気でクレイジーなパトリック(エズラ・ミラー)、美しく奔放なサム(エマ・ワトソン)という兄妹との出逢いにより、一変する。初めて知る“友情”、そして“恋”―。世界は無限に広がっていくように思えたが、チャー…

チャーリー(ローガン・ラーマン)は、小説家を志望する16歳の少年。高校入学初日にスクールカースト最下層に位置付けられ、ひっそりと息を潜めて日々をやり過ごすことに注力していた。ところが、彼の生活は、陽気でクレイジーなパトリック(エズラ・ミラー)、美しく奔放なサム(エマ・ワトソン)という兄妹との出逢いにより、一変する。初めて知る“友情”、そして“恋”―。世界は無限に広がっていくように思えたが、チャーリーがひた隠しにする、過去のある事件をきっかけに、彼らの青春の日々は思わぬ方向へ転がり始める―。

「ウォールフラワー」に投稿された感想・評価

m

mの感想・評価

3.7
居場所を見つけた瞬間が、無限を感じられる瞬間に変わった。
悩み、苦しみ、恋をして、分かち合い、克服する。
トンネルの光、トンネルの出口、青春。
デヴィッド・ボウルのheroesが印象的。
RioSato

RioSatoの感想・評価

1.2
内容わからんかった
Hideka

Hidekaの感想・評価

4.0
ストーリーが一気に盛り上がる部分はないけれど、一人一人の問題や不安が消化されて若いからこその楽しさ苦しさもどかしさを感じた。日が出ている時間より夜中に見たくなるような映画。
Sangil

Sangilの感想・評価

3.8
青春はつらくて苦しくて、それでいて素晴らしい。。
K

Kの感想・評価

3.7
学生時代のなんとも言えない日の大切さを思い出す。
たしかにそこには居場所があったなあー。

いっぱい悩んでたし、苦労してたけど、
いつでも自分に正直に生きてるサムとパトリックがきれいだったなあー。
ayu

ayuの感想・評価

3.4
高校生の青春
ふみ

ふみの感想・評価

4.3
高校時代に見ておきたかった

なぜ優しい人たちは間違った相手とデートを?-自分に見合うと思うからだ。
qa

qaの感想・評価

4.0
居場所ってあるんだなって思った。ほんとーーに素敵な映画。友情に乾杯
鑑賞3回目
>|