ウォールフラワー(2012年製作の映画)

The Perks of Being a Wallflower

上映日:2013年11月22日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:102分
    監督
    スティーヴン・チョボスキー
    脚本
    スティーヴン・チョボスキー
    キャスト
    ローガン・ラーマン
    エマ・ワトソン
    エズラ・ミラー
    ポール・ラッド
    ディラン・マクダーモット
    ケイト・ウォルシュ
    メイ・ホイットマン
    ジョーン・キューザック
    ニーナ・ドブレフ
    あらすじ
    チャーリー(ローガン・ラーマン)は、小説家を志望する16歳の少年。高校入学初日にスクールカースト最下層に位置付けられ、ひっそりと息を潜めて日々をやり過ごすことに注力していた。ところが、彼の生活は、陽気でクレイジーなパトリック(エズラ・ミラー)、美しく奔放なサム(エマ・ワトソン)という兄妹との出逢いにより、一変する。初めて知る“友情”、そして“恋”―。世界は無限に広がっていくように思えたが、チャーリーがひた隠しにする、過去のある事件をきっかけに、彼らの青春の日々は思わぬ方向へ転がり始める―。

    「ウォールフラワー」に投稿された感想・評価

    最高の青春映画。
    甘酸っぱくてキラキラしてて、、

    いいなー
    高校生ー
    おーい
    いいぞこの映画。
    これ以上ない満足感です。めっちゃ良かった。
    エズラミラーが抱けるレベルで美男
    きろく
    久しぶりに素敵な映画だなと思えるものに出会えた
    彼はもうウォールフラワーじゃない
    車乗ってる時、ウォールフラワーの影響で彼がよくやってました。
    さよなら、壁際の僕。


    大好きな小説の映画化、しかもローガンくんとエマとエズラが主演という天国のような作品ということで以前から気になっていたのですが、今回やっと見ることができました

    独特な原作を見事に映像化した青春群像劇

    邦題とキャッチコピーがとても秀逸
    原題の "The Perks of Being a Wallflower" に負けず劣らずの仕上がりです

    主人公が語る彼らの高校生活
    華やかな面だけでなく、悩み葛藤するこの時期特有の感情を描くことでこころ、より心に刺さるストーリー

    「何か」に追われるようにそれぞれが1人もがき苦しむのがこの時期
    自分の青春時代に見つからなかった答えを教えてもらえた気がします

    どうせよくある青春映画だろう。と思っている方!ぜひ騙されたと思って一度見てみてください
    ある曲を聞いた時、トンネルを抜け夜の街が見えた時… ふとした瞬間に思い出す作品になると思います
    高校生っていいなぁ。
    海外の学生たちが主役の映画は純粋で可愛いものが多くていつも癒される。
    思春期は思春期なりに悩んで、社会人になってからその悩みを思い返すと、本当に小さくて大したことではないんだけど、まだまだ世の中を知らないからこそ苦しむんだよね。
    そんな時、仲間だったり周りの大人たちの支えによって乗り越え、「あ、私今成長してる」って思えた時のきらめきというか、輝きというか、周りがキラキラして見える瞬間がある。もう10代の時のようには感じれないけど、あの懐かしい気持ちをこういう映画はいつも思い出させてくれるから好きです。この作品ではやはりあのトンネルのシーン。いいなぁ、10代って。笑
    あとこの映画で、国語の先生が最高に好きです。高校の時の数学の先生を思い出しました。先生元気かな。ありがとうって伝えたい。
    >|