ウォールフラワーの作品情報・感想・評価

ウォールフラワー2012年製作の映画)

The Perks of Being a Wallflower

上映日:2013年11月22日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ウォールフラワー」に投稿された感想・評価

10代って多感な時期
Chiii

Chiiiの感想・評価

3.4
I feel infinite.
中高時代いっぱい悩み、沢山遊び
青春することは将来の糧になる
so am I.
場面で刺さる言葉はあったけど、内容がありがちで新鮮味に欠ける。
womow

womowの感想・評価

3.9
エズラミラー見たさで。
若くて不安定な気持ちの様子が気持ちよかった。
誰かを思うから別の誰かも自分も傷付ける様とか記憶の奥をえぐられるようでとてもよかった。
キラキラするだけじゃない青春ぽさ。
ハッピーエンド?ぽくなるのがいいんだか悪いんだか。
ねむ

ねむの感想・評価

4.5
i feel infinite.

素晴らしかった。

春の新しい環境に不安な時期に観たい。
もしくは夏の夜に観たい。夜道を音楽を聴きながらワンピースで散歩したくなる、そんな作品。
doodle41

doodle41の感想・評価

5.0
最後のシーンで泣かない人いるんでしょうか
yumeayu

yumeayuの感想・評価

3.5
"僕らは無限だ"

エマ・ワトソン、エズラ・ミラーが出演しているということと、Filmarksのフォロワーの皆さんの評価も高いことから前から気になっていた映画のひとつ。

まぁなんというか…。
青春映画として、この上なく素晴らしい作品でしたが、なんかストーリーよりも自分の高校時代の事が頭をよぎって全然集中できなかったですね。
いいことも嫌なこともいろいろと思い出してしまった…(苦笑)。

実は僕は高校生活にあまりいい思い出がない。というか、後悔していることが多い。
別にイジメられていたとか、学校がつまらなかったとかではなくて、勉強も部活も恋愛もすごく中途半端で、毎日を平々凡々と過ごしていたからだ。
今作のスクール・カースト的に考えると、人気者のフットボール選手でもなければ、「はみ出し者の島」の住人になるほどでもなく、ホントに"普通"の生徒だった。映画でいうモブキャラだ。
恩師と呼べるような先生にも出会えなかった。
なので、もっと青春を謳歌しておけばよかったと、今でもずっと思っている。

そういう意味では、今作の主人公チャーリーのように好きな子がいて、悩みもあって、小説家という夢もあるのはすごく充実していて羨ましくもある。
その分、トラウマを抱えていたり、辛いことも多いのかもしれないけど…。

「高校生活もいつか思い出に変わり、写真も色あせる。いつか親にもなるだろう」
「でも今この時は、思い出じゃない。現在進行形だ」

ラストにチャーリーが"君"に宛てた手紙の一文だ。
10代という刹那的な時間を言い表した素晴らしい言葉だと思う。

もし僕がこの作品を10代の頃に見ていたらどう感じていたのだろう…。
"僕らは無限だ" と声を上げることができただろうか…。
こそ

こその感想・評価

3.8
一つ一つの言葉が本当に深い。海外の高校生ってすごい遊んでるように見えるけど実際は何でも自分で物事を決めてるし、将来の事もしっかり考えてるし、だからこそ大人びてる気がした。
Mime

Mimeの感想・評価

4.0

人を愛したり、自分を受け入れたり。

この時のエズラのビジュ最高❁
の

のの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

親友の死で主人公は精神不安定
>|