ウォールフラワーの作品情報・感想・評価

ウォールフラワー2012年製作の映画)

The Perks of Being a Wallflower

上映日:2013年11月22日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ウォールフラワー」に投稿された感想・評価

みやん

みやんの感想・評価

3.5
アメリカン
ハイスクールの
恋愛は
今ひとつ
ぴーんとこなかった🙏
anju

anjuの感想・評価

3.5
「自分に見合うと思うから」って言葉、わかるようでわからん、、
亜季

亜季の感想・評価

3.7
エモみの極み〜笑
将来への漠然とした不安、遠回りな恋愛、個性的過ぎるいつめん、若さあふれる悪ふざけ、自分にしか理解出来ない精神の葛藤…
気持ちの良いハッピーエンドかどうかは分からないけど、学生時代ならではの青春体験が全部詰まってる卍
mrc

mrcの感想・評価

3.0
記録。
わかこ

わかこの感想・評価

3.8
はぐれ者の島へようこそ!のサムが好き。
エズラ・ミラー見たさにみた
セクシーすぎる

チャーリーがドニー・ダーコのジェイク・ギレンホールみたいな絶妙なイモ感あって応援したくなる
山場でキリトのコピペ思い出してしまった人多いのでは…笑
ずー

ずーの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

エズラ・ミラーを見る月間②

♪David Bowie - Heroes

とにかくパトリックが最高に可愛いくてかっこよくてツボだった。
大好きな叔母の事故死と親友の自殺によって精神が不安定になり幻覚によって入院していたこともある高校1年生のチャーリー。友達も出来ず憂鬱な日々を過ごす中、技術工作の授業で3年生のパトリックを知る。フットボールの試合を観に来ていたパトリックに勇気を出して声をかけ、彼の義理の妹である美少女サムとも仲良くなる。サムとパトリックの兄妹、その友達とつるむようになり徐々に自分を解放できるようになってゆく…みたいなあらすじ。
最終的にサムとのはじめての行為の前に大好きな叔母から性的虐待をうけていたことがフラッシュバックしてトラウマが掘り起こされるんだけど、そのあたりさささっとテンポよく、暗くなりすぎず、描かれてて良かった。
結局チャーリーとサムは幼い頃に大人から性的虐待の経験があって、パトリックはゲイで、みんな何かしらセクシュアルな問題を心に抱えてるんだけれども決して同情や傷の舐め合いではなく誠実に友情が育まれてゆくのが爽やか。
ラストのトンネルのシーンは、チャーリーのトラウマという精神的な暗闇(トンネル)から素晴らしい友達と恋人と共に脱出できたという暗喩かな。
つい知ったかぶりしちゃうとか、特別なシチュエーションに酔って饒舌になりすぎるとか、素敵な友達ができて自分まで特別になったような高揚感とか、悪く思われたくなくて彼女に別れを告げられずズルズル付き合っちゃうとか、グループから距離を置かれた時の喪失感とか、青春のあるあるが生々しくて胸が苦しくなった。
叔母さんからの虐待が蛇足というレビューが多かったけど、サムと同じ傷ということで意味があると思った。親友の自殺の方がミスリード用としても掘り下げが無くてモヤモヤしたかも。
とにかくパトリックというキャラクターがめちゃくちゃ好き。優しくてムードメーカーで皆のためにピエロになれる。ゲイであるという事に強い戸惑いをもつデイヴィッドを7ヶ月も待ってあげたパトリックの優しさ。友情の証にチャーリーに乾杯するシーンは涙がでる。クリスマスプレゼントをロッカーで見つけた時の反応が死ぬほど可愛い。父親にゲイである事がばれて保身に走ったデイヴィッドを見つめる視線が切なくて愛おしいし、それを払拭するようにテンション高くチャーリーと遊んでたのに、つい悲しみを吐露してチャーリーにキスしてしまうところにいつも明るく振る舞うパトリックの繊細な心の機微が表れてて良かった…。これは翻訳の妙なんだけども、精神病棟から退院してきたチャーリーをサムと迎えに来た時の「チャーリー 遊ぼ」が最高に可愛いので注目。
くらら

くららの感想・評価

3.9
エズラ・ミラーの色気がやばい。
nattyan9

nattyan9の感想・評価

3.0
★★★ 『ウォールフラワー』
 
んー・・・
悪くない、悪くないんだけど・・・
主人公の生い立ちが
特殊で、
入り込みにくかったなぁ・・・
(むしろ、要らないなぁ)
 
一番印象的だったのは、
彼女がいるのに、
別の子にキスするシーン。
なんか、
こうやって、
女性と別れる勇気のない男は、
浮気するんだろうなぁ、
と思った。
 
別れてたら、問題ない訳だし。
 
でも、
全体的な、トーンは好き。
>|