ウォールフラワーの作品情報・感想・評価

ウォールフラワー2012年製作の映画)

The Perks of Being a Wallflower

上映日:2013年11月22日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ウォールフラワー」に投稿された感想・評価

《はみ出し者の島へようこそ》

(あらすじ)

内気な少年チャーリーは、高校デビューにみごとに失敗し、友だちの出来ないまま灰色の学園生活を送るハメに。そんなある日、彼は学園のはみ出し者を自認する陽気な兄妹パトリックとサムと出会い意気投合する。彼らの仲間に迎えられたチャーリーは、それまでとは見違えるように充実した高校生活を送るようになるのだった。
周囲に馴染めず無為な日々を送る内気な高校生の惨めだった青春が、一組の兄妹との出会いをきっかけに輝き始めるさまとそのほろ苦い顛末を瑞々しく綴る。

(感想)

主演のローガン・ラーマンと共演はエマ・ワトソン、エズラ・ミラー。
まずはこの3人の演技に注目して頂きたいです。

エズラミラーとエマワトソンの高校生とは思えない大人っぽさ、主人公のローガンラーマンの成長が見ていてとても伝わってきます。
所々ふざけて笑えるところや人間関係で悩んだりするところなど終始腹から笑えたり考えさせられたりする名作です。

こんな青春送りたい!こんな仲間と過ごしてたい!日本の映画では描けないパワフルな学生生活に今更ながらでも魅了されました。
僕も小学校入った時や高校1年の時に友達がいなくて1人で過ごしてた期間も長かったのでとても共感ができました。

もう少し早く出会っていたかったと後悔するほど青春を謳歌したい人に向けた元気が出る作品でした。
まお

まおの感想・評価

4.0
アメリカの学生生活って憧れる!ホームパーティーにダンスパーティーに羨ましい!
トンネルのシーンが好き!音楽爆音で車から身を出して夜風にふかれるなんて、絶対に気持ちいい!!!
mif

mifの感想・評価

4.0
自分たちとは比べものにならない美しい人たちが、自分たちが経験したことのある気持ちを演じている映画だなあと思った。映画ってそういうものだけど。
一歩踏み出す勇気ってなかなか出ないし、苦しいことだけどその一歩を踏み出すことでこんなにも人生を素晴らしいものにできるんだって改めて思わされた
みんな若々しくて無限を感じてるあたり観ていて爽快だった
パトリックはすごいいいヤツだしサムはめちゃくちゃきゃぴきゃぴしていてとてもよかった!
cb

cbの感想・評価

-
トンネルのシーンは見てて自分の高校生活を思い出した。甘酸っぱいな、無限か。
そんな多感な時期に各々が自分の好きな分野を学んで、真剣に将来と向き合いながら悩んで足掻いて助け合う姿が言葉では表せないけど本当にグッときた。
プレゼント交換のシーンは何回でも見られる。
“持つべきは友”ってこの映画が一番説得力ある。
透明感のある映画だった。曲もよかった
悩み、若さという感じ
mari

mariの感想・評価

4.0
チャーリーかわいい
>|