ウォールフラワーの作品情報・感想・評価

ウォールフラワー2012年製作の映画)

The Perks of Being a Wallflower

上映日:2013年11月22日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ウォールフラワー」に投稿された感想・評価

yuno0508

yuno0508の感想・評価

3.8
高校生の時は無限でなんでもできるってちょっと思ってた すごく楽しかった

繊細で人間的な映画 もし高校生の時に見れていたら人生の映画になってたかも

同じ青春映画で、そして人間的な映画としてはレディバードの方が好きだなぁ 痛みがより近いものがあるから

チャーリーのトラウマの描き方が直接的じゃないのがすごくよかった
優しい映画だなぁ

エズラが美しすぎて囚われてしまうかと思ったわ…
エマワトソン、あんな子が近くにいたら好きになっちゃうな

なぜ人はひどい扱いをする人を好きになるのか?には その人が自分に見合うと思うから というのがわかるようでわからなくて…自己肯定感とかかな となるとわかるかも 案外人間は弱くて脆い

美しかった
壁際の花も集まれば美しい園になる-

思春期のムズムズ感をえぐるような作品。
音楽と世界観が静かで重く、オシャレだった。
もう一度みよう。
づめ

づめの感想・評価

4.5
チャーリーもサムもかわいい

自分と見合う相手とデートしたいものだね






僕にはわかる。この瞬間だけは悲しみも消えて、僕は生きている。立ち上がり、ビルの明かりや心震えるものを眺めながら、世界で最も愛する人たちとあの曲を聴いている。僕は誓って言う、この瞬間こそ、"僕らは無限だ。"でBOOWYのheroesが流れる瞬間が好きすぎて好きすぎて、5万回は観たと思う。



ドラッグ、同性愛、トラウマ、スクールカースト、10代の全てがギュッと詰まってる、全米TOP40は恥だよな。



「他人の人生を優先してそれを愛と呼ぶなんておかしい」


今は自分もそう思ってるけど、20代になって、これからどんどん大人になっていくにつれて考え方が変わってくるのかな、他人の人生を優先することが愛だと思える日がくるのかもしれないけど、今の自分はそう思わないし思えない



エズラミラーが演じるパトリック、キャスティングが最高すぎて土下座したいし、宇宙で一番美しい生き物じゃないですか?って本気で思ってる、こんなに尊い人間がいるんだな、、世界は広いな、、、



捻くれてるから青春映画とかあんまり見ないけどコレだけ別格、大好きすぎる、ババアになっても絶対観ます


あとエマワトソンが可愛すぎて、幻覚オチとかないよな?って一生ソワソワしてたけどなかったです。
mrbean

mrbeanの感想・評価

4.6
リピート必至

アメリカのスクールライフへの憧れと、多少リンクする初々しさへの懐かしさ
音楽と情景が作り出すムード

「新しい友達ができたら、この街のこと忘れるね」「まさか」
意識することや好きな物や大切な思い出を入れ替えていくのではなく、上乗せしていきたいよね。

その瞬間瞬間を全力で、今に対して本気で生きる。過去の事実は変わらないけど未来は変えることができる。

トラウマは変えられない
トラウマに縛られる人生か、その瞬間を楽しむ人生か
その選択は自分次第です
Daisuen

Daisuenの感想・評価

5.0
良良良!
nami

namiの感想・評価

4.1
ずっと前に観た映画。
ダンスパーティーで主人公のチャーリーが2人に近づくシーンが好き。
エマワトソン可愛い。
忘れつつあるからもう一回観たい。
Kitty

Kittyの感想・評価

-
David BowieのHeroesがこの映画のすべてを物語っている。
青春やなぁ

ショートのエマワトソンさいきょー
>|