DaisukeIshii

マジック・マイクのDaisukeIshiiのレビュー・感想・評価

マジック・マイク(2012年製作の映画)
4.1
もっと気楽なコメディを想像したのですが思いがけずシリアスでした。狂乱の業界にいてショーの主役でありながら、心底は楽しめない男性ストリッパーを描いたまさにビタースイートな映画。
主人公のマイクをチャニング・テイタムが演じていてなんとなくアホっぽいけどいい人そうな表情が役にぴったりで、ストリッパーとして最高の実力があるのに堅気になりたくてでも叶わず、逆にいかれた周囲の人達によって厄介ごとに巻き込まれてしまったりというマイクについつい肩入れしてしまう。
ソダーバーグは結構そういう報われない人を描きますよね、でも少し救われる、みたいな人を。
本当の自分と普段の生活に乖離を感じる人はこの映画を見ると若干の勇気を得られると思います。