静かなる叫びの作品情報・感想・評価

静かなる叫び2009年製作の映画)

POLYTECNIQUE

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:77分

3.7

あらすじ

1989年12月6日、モントリオール。理工科大学に通い、就職活動中の女子学生ヴァレリーとその友人であるジャン=フランソワは、いつも通りの一日を送っていた。しかし、そんな日常は突然、恐怖に陥れられる。男子学生の一人がライフル銃を持って構内に入り、女子学生を目がけて次々と発砲し始める。容赦ない銃撃に必死に逃げ惑う学生たち。犯人は14人もの女子学生を殺害し、最後は自殺を図る。重傷を負いながらも生き残っ…

1989年12月6日、モントリオール。理工科大学に通い、就職活動中の女子学生ヴァレリーとその友人であるジャン=フランソワは、いつも通りの一日を送っていた。しかし、そんな日常は突然、恐怖に陥れられる。男子学生の一人がライフル銃を持って構内に入り、女子学生を目がけて次々と発砲し始める。容赦ない銃撃に必死に逃げ惑う学生たち。犯人は14人もの女子学生を殺害し、最後は自殺を図る。重傷を負いながらも生き残ったヴァレリーと、負傷した女子学生を救ったジャン=フランソワ。心に深い傷を負った2人は、その後も継続する非日常の中でもがき苦しみ、闘い続けるが――。

「静かなる叫び」に投稿された感想・評価

実際にあった銃乱射事件をもとに描いた白黒映画です
同じシーンを犯人視点、生存者男性、生存者女性と視点を変える構成と、不可思議なカメラワークや長回しでみせる作品

特に台詞もないただの日常だった日を淡々と描いているからこそ観ている側の想像を刺激してくる
見終わった後はすごく悲しい

このレビューはネタバレを含みます

複数の視点から同じ時を見ているのが興味深い。
平和な学校が一瞬で凍りついた姿になったのが伝わった。
理由が何であっても人の命を奪うのは許されない。
女という性別だけで無差別に命を奪うなんてあり得ない。

生き残った後にも深い傷を残した…
RAS

RASの感想・評価

-
2018.9.21
Toku

Tokuの感想・評価

4.2
気になった言葉
男の子が生まれたなら愛を教え、女の子なら世界に羽ばたけと教えます。

気になった音楽たち
Tainted Love/Mark Arnell
Safety Dance/Men without Hats
To Build A Home/The Cinematic Orchestra
これは映画というよりドキュメンタリー。モントリオールで起こった銃乱射事件を犯人を含めた3人の視点から追って行ったもの。事件後もその後遺症などに苦しんでいる人々の内面も描き、非常に心に突き刺さるものを感じた。
フェミニズムや銃社会と世界に投げかけるメッセージも多い。
全編モノクロなのは、血のりの色を見せないことで、少しは衝撃を和らげようとする監督の心遣いなのだろうか。やはりドゥニ・ヴィルヌーブ、ただ者ではない。
はせ

はせの感想・評価

3.5
1989年12月6日。モントリオールで大学に通うヴァレリーと友人のジャン=フランソワはいつも通り講義に参加していた。突然、教室にライフル銃を持った男がに乱入し、女子学生だけを狙って次々と発砲。ジャンはなんとかヴァレリーたちを救おうと奔走するが…

『メッセージ』『ブレードランナー2049』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督による社会派ドラマ。モントリオール理工科大学の銃乱射事件をモチーフに、凄惨な虐殺と事件後も苦しむ人々をモノクロで描く。

フェミニズムへの敵意という極端な思想を持った男が、未来ある学生たちの命を奪った事件。これまたズシンと来る映画だった。この事件を機に、カナダではセミオートライフルの規制が厳しくなったようだ。とはいえアメリカと同様に狩猟文化が根付いているカナダで簡単に銃を手に入れられる現状は変わっていない。
犬

犬の感想・評価

3.6
フェミニスト

モントリオール理工科大学に通う女子学生ヴァレリーと男子学生ジャン=フランソワは、いつも通りの1日を送っていた
しかし突然、1人の男子学生がライフル銃を携えて構内に乱入し、女子学生だけを狙って次々と発砲を開始する……

1989年、カナダのモントリオール理工科大学で実際に起きた銃乱射事件をモチーフにドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が描いた社会派ドラマ

スゴい思想だ

悲惨すぎる酷すぎる
重たい雰囲気

事件とその後を3人の視点から描く

なかなか引き込まれました

冒頭からいきなり

モノクロなのも印象的でした

銃って規制しないのかなぁ
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.0
本当に静かな映画でした。
ヴィルヌーブ監督の作品は、あまり音がないのでその静けさがヒリヒリとした緊張感を醸し出してて好きです。
ただ、この作品では実際に起きた銃乱射事件がテーマで、しかもモノクロだったので、どこかドキュメンタリーを観ているような感じがした。
登場人物の心情も細かく描かれているわけではないので、尚更どこか坦々としていた気がする。
事件を起こした動機は最低なもので、事件に関しては憤りを感じ得ずにはいられないが、映画そのものの感想は…難しい。
megu

meguの感想・評価

3.2
モノクロって久しぶりに見たな。
カラーの方が好きだけど
モノクロの方が緊張感や怖さなどが伝わってくるね。
時間も短めで見やすかった。
女性狙いって怖いね〜〜!
実話だもんね。
本当生き残った人は、すごいトラウマを抱えて過ごすよね。
生き残ったのに…
とても可哀想。
>|