Hondaカット

エンド・オブ・ウォッチのHondaカットのレビュー・感想・評価

エンド・オブ・ウォッチ(2012年製作の映画)
3.4
68点。「ドキュメンタリータッチの警察官モノB級」くらいの前情報で観たが、Jギレンホール&Mペーニャが主役なんだとまず驚く。POV(主観カメラ)映画ではなく、あくまでそれ風で、客観のビデオカメラ映像とかあってめちゃくちゃだけど、別にPOV映画と名乗ってないしいいじゃん、全然気にならなかった。物語ないのかなと思ってたが一応ちゃんとあったし、ゆるい時間帯も緊迫する時間帯も飽きずに観れた。
有名どころ俳優使って何処にも(客にも映画会社にも)媚を売らず、このタッチの映画作ってやり切ってるし、偉い。佳作です。