nutaki

もうひとりの息子のnutakiのレビュー・感想・評価

もうひとりの息子(2012年製作の映画)
4.0
18年前、湾岸戦争の最中に出産した病院で、息子が取り間違えられたことを知った、2組の家族。
『そして、父になる』は同じような設定ではあるが、幼い子供である。
今作は、息子たちは既に18歳になっていて、自分の意思を持ち、未来を見据えて生きていた。
更に、イスラエルとパレスチナという2家族の環境は全く違っている。
情勢については詳しくはなく、その複雑な思いを理解することは出来ないが、画面からは辛い思いがひしひしと伝わって来た。
イスラエルは生活も豊かで、都会的な暮らし。
一方のパレスチナは貧しく閉鎖的で、隣人たちとの結びつきが深い。
ちょうど、父になるが、都会のエリートと田舎の自営業という対照的な家族に設定しているのと似ている。
ただ、今作はもっと根っこが深く、宗教・人種・文化などの大きな違いや、敵対心などがあり、当人は勿論、両親や兄など家族がそれぞれ、複雑な思いに心をかき乱されている、という感じである。
例えば、パレスチナの父親は、近所にどう思われるかということばかりを気にしているし、兄は今まで本当の弟と思っていたのが敵だったという衝撃から、弟を拒絶し始める。
しかし、母は強い。
自分の育てた息子に対する愛情は勿論変わらないが、我が身から誕生した自分の分身たる実の息子に対する愛は、それは18年の歳月など関係なく溢れ出るのだ。
子を持つ親としては、それは実感として理解できる。
正直、父になるの方は理解し難い部分が多かった。
それは子供の年齢の違いもあるし、リリー家の方が子供にとって幸せなような、極端な描き方に嫌悪したということもあった。
でも一番は父が主役と言うことだったかもしれない。
なんせ、福山ありきの映画だから仕方ないけどね。

今作の素晴らしさは、双方の家族と本人たちの心情や、その変化を特別なシーンを作らずに、ごく自然な日常生活で丁寧に描いたことだ。
淡々とした中に、2組の民族の苦悩と、子供への愛情がバランス良く入っていて、女性監督ならではの繊細さが出ていた。
特に、自転車の籠から落ちた果物を拾うシーン。
そしてラスト近くの3人のシーン。
会話も少ないが、その表情で泣けた。
ラストはやや唐突だが、あっさりとして私は好み。

俳優達がいい。
特にこの2人の息子が、イケメンという程ではないが、好青年で、爽やか。
両親に対する愛情も深くて、こんな息子なら2人共欲しいと思った。
『もうひとりの息子』というタイトルは良いが、副題の『それでも、その息子を愛せますか?』『母さん、僕は敵ですか?息子ですか?』というフレーズは酷過ぎて呆れる。
愛せるし、間違いなく息子に決まってる!
何を言う!(村上ショージ風に)ドゥー!