ももさく

ウォーム・ボディーズのももさくのレビュー・感想・評価

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)
3.0
「ロミオとジュリエット」をもとにしてるようですが一部だけかな?。ゾンビだらけの世界からいきなりはじまる。設定としては人間の世界に普通にゾンビは存在しているようで人間はゾンビをバンバン銃で撃つ。主役のR(ニコラスホルト)は自分が誰で何をどうしてこうなったのか名前すらもRからはじまる事くらいしか記憶にない。人間に対して殴り殺し脳みそを食べると人間だった頃の記憶が蘇る。人間のジュリー(テリーサパーマー)に恋をしてしまったRは他のゾンビから彼女を助ける。

彼氏の脳みそを食べた男とよく一緒にいられるなぁ...と最初は思いました。あの状況じゃ仕方ないんだけど。それに見てると徐々にゾンビに見えなくなってくる。

人間→ゾンビ→骸骨って世界。

恋愛、ゾンビ、コメディ映画らしいのですがコメディ要素があまりない。ジュリーがゾンビのマネした所しか笑えなかった。ファンタジー要素もあるかな。

Rの友達やジュリーの友達も理解があって凄くいい。

手を繋ぐとか心臓が光って動くとか印象に残る。

ほとんどRの心の声メインだけどその語りが良い。

ゾンビ映画なんて全然興味ないしエグいシーン大嫌いだけどこの映画は例外でした。気持ち悪いのが苦手な方でも見れると思います。

ゾンビと人間の恋の結末なんてどんなんなるのか想像もつかなかったけど...。私はこう言う愛のある結末好きです。