スノーピアサーの作品情報・感想・評価

スノーピアサー2013年製作の映画)

설국열차/SNOWPIERCER

上映日:2014年02月07日

製作国:

上映時間:125分

3.2

あらすじ

2014年7月、地球の温暖化を防ぐため化学薬品が撒かれた結果、地球は新たな氷河期に突入した。それから17年が経った2031年。地球上を走る列車「スノーピアサー」が、生き残った人類にとって唯一の生存場所だった。最後の人類を乗せたこの「ノアの箱舟」は、先頭車両に乗る上流階級によって支配され、後方車両の乗客は奴隷のような扱いを受けていた―

「スノーピアサー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

後方車両に詰め込まれた貧困層と、エンジンを有した先頭車両からいくつもの車両を占有して優雅に暮らす富裕層と、世界を列車に見立てて設定し、生活はおろか人口までも調整しようとする傲慢を描く。
本作の白眉は車両ごとに変わる“世界”の風景だ。
汚らしく、工業廃棄物で作られた住居から、貧困層向けの食糧「プロテイン・ブロック」製造工場。畑、水槽、寿司バー、学校などなど。扉を開けるごとに変わる風景は実に映画的な快楽に満ちている。
「移動を続ける列車」という設定を活かした戦いや、拷問方法も素晴らしく楽しい。
なーこ

なーこの感想・評価

2.6
好みではない演技と演出。
なにがしたかったんだ。
戦闘シーンを描きたかっただけか。

ちなみに全くクリエヴァだって分からなかったし、ジェイミーベルは相変わらずかっこよかった。
にしん

にしんの感想・評価

2.7
設定がとても面白いです。
階級についてもはっきりと描かれていてとても分かりやすかったです。

前半の最下層階級の人たちの生活はなかなかエグくて、胸が痛くなります。
と同時に、これからどうやって話が進むのかハラハラさせられます。

それ以外は残念ながら褒めるのが難しいです…

まず、階級が上がっていく過程がくどいです。
そんなに細かく説明いるのか疑問です。

また、最初に出てくる悪役の演技っぷりがちょっとキツイです。
某女性料理家を思い出すテンションでなかなかついていけませんでした。

途中に挟む食事のシーンがシュールすぎて失笑です。
何してるんだと思わずツッコみたくなりました。

大事なアクション部分もごちゃごちゃしててよく分からない進行でした。
ひらめいたアイディアも誰でも思い浮かびそうなのに、敵味方問わず大絶賛されて空気感の違いがひどいです。

設定がよかっただけにすごくもったいないです。
ラストは結構よかったので、思い切って中だるみする真ん中部分を30〜40分短くすれば良作になると思います。
2015.7.20
設定など良くできている。
狭いところでの戦闘シーン、好きですよ
pocky

pockyの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

はっきりとした階級社会を電車で表現してるのはうまいなと。ストーリーは抜けが多くてそこを気にしてたら楽しめないが、隣の電車には違う階級の人がいるという状況によって人の感情をすごくリアルに描かれていた。
nAo

nAoの感想・評価

3.6
こういうの大好きなんだよなーー。
設定の甘さは置いておき、世界観が完全にツボなディストピア映画だった。
あと、しばらく羊羹が食べれない。
そん

そんの感想・評価

3.7
寒いけどふーふーした映画
shoko730

shoko730の感想・評価

3.6
面白かった〜
ShanePark

ShaneParkの感想・評価

3.5
액션신은 재밌
>|