スノーピアサーの作品情報・感想・評価

スノーピアサー2013年製作の映画)

설국열차/SNOWPIERCER

上映日:2014年02月07日

製作国:

上映時間:125分

3.2

あらすじ

2014年7月、地球の温暖化を防ぐため化学薬品が撒かれた結果、地球は新たな氷河期に突入した。それから17年が経った2031年。地球上を走る列車「スノーピアサー」が、生き残った人類にとって唯一の生存場所だった。最後の人類を乗せたこの「ノアの箱舟」は、先頭車両に乗る上流階級によって支配され、後方車両の乗客は奴隷のような扱いを受けていた―

「スノーピアサー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

後方車両に詰め込まれた貧困層と、エンジンを有した先頭車両からいくつもの車両を占有して優雅に暮らす富裕層と、世界を列車に見立てて設定し、生活はおろか人口までも調整しようとする傲慢を描く。
本作の白眉は車両ごとに変わる“世界”の風景だ。
汚らしく、工業廃棄物で作られた住居から、貧困層向けの食糧「プロテイン・ブロック」製造工場。畑、水槽、寿司バー、学校などなど。扉を開けるごとに変わる風景は実に映画的な快楽に満ちている。
「移動を続ける列車」という設定を活かした戦いや、拷問方法も素晴らしく楽しい。
いくらヒドイ映画と分かっていても支持する義務を感じてしまう。そんな映画がどなたにもあることでしょう ポン・ジュノ「スノーピアサー」

「殺人の追憶」「グエムル」「母なる証明」の3本で観ているこちらを狂おしいまでに嫉妬させてくれたポン・ジュノ君。
またやってくれましたね。
いっそ次回作など撮らず今のうちに引退してください。
そのほうがよほど気が楽ですw
kirara

kiraraの感想・評価

4.0
ディストピア系は独特の世界観があってすき。 松明作戦は映像が幻想的で◎
それぞれの車両にそれぞれの世界観。
イかれた学校も大好物な世界観!ウィルフォード万歳!新興宗教!
ラストにがっかりしたが、それまでは目新しい設定で面白かった。
すごい設定!
思ってたより良かった
外は極寒の世界、人類が生活できるのは車両の中だけという設定はおもしろかったです。
貧困層が富裕層への反乱を起こしていく背景やストーリーは個人的に好きでしたね。

ツッコミどころは多いけど楽しめました。
列車の中だけの狭い空間のストーリーなのに、そこで生活する人達に階級があったり、職業があったり、車両ごとに環境が違ったりと場面設定はバッチリ。そして階級のあるところ反乱有り!!最後まで見応えのある内容でした。
>|