スノーピアサーの作品情報・感想・評価

スノーピアサー2013年製作の映画)

설국열차/SNOWPIERCER

上映日:2014年02月07日

製作国:

上映時間:125分

3.2

あらすじ

2014年7月、地球の温暖化を防ぐため化学薬品が撒かれた結果、地球は新たな氷河期に突入した。それから17年が経った2031年。地球上を走る列車「スノーピアサー」が、生き残った人類にとって唯一の生存場所だった。最後の人類を乗せたこの「ノアの箱舟」は、先頭車両に乗る上流階級によって支配され、後方車両の乗客は奴隷のような扱いを受けていた―

「スノーピアサー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

後方車両に詰め込まれた貧困層と、エンジンを有した先頭車両からいくつもの車両を占有して優雅に暮らす富裕層と、世界を列車に見立てて設定し、生活はおろか人口までも調整しようとする傲慢を描く。
本作の白眉は車両ごとに変わる“世界”の風景だ。
汚らしく、工業廃棄物で作られた住居から、貧困層向けの食糧「プロテイン・ブロック」製造工場。畑、水槽、寿司バー、学校などなど。扉を開けるごとに変わる風景は実に映画的な快楽に満ちている。
「移動を続ける列車」という設定を活かした戦いや、拷問方法も素晴らしく楽しい。
ほ

ほの感想・評価

3.5
記録
蟻

蟻の感想・評価

2.0
‪56

クリエヴァ目当てで見始めたけど泣きたいくらい面白くなさすぎて1週間くらいかけてちまちま観た……途中からクリエヴァよりジェイミーベルが可愛くてジェイミーベルの為に見てたけどジェイミーベル死んでから後はもう試練でしかなかったよ…見応えと言えば撮りたいとこだけとりましたー!って感じだから5分に一度矛盾が生じててそれにツッこむ事くらいかな…‬
せきね

せきねの感想・評価

3.8
列車の中で革命を起こすというシンプルなプロットだけど、車両が階級制や生態系を表していて、初めて観るSFだった。

狭い列車内での、こじんまりした展開を予想していたが、限られた空間を利用した肉弾戦や狙撃合戦が多く、アクション好きな人も楽しめると思った。
オリジナリティに溢れた意欲作。
ここまでぶっ飛んでれば多少の無茶も好感持てる。
【備忘録】

走り続ける列車...このワードで既にツッコミ入れれます

それでも「ハリウッド進出おめでとう」
な作品
階級に分けられた列車で、最下層が革命を起こす。映画内で伏線が張られていて、最後に分かる。
物語が進むに連れて、上流階級に対する怒りが込み上がってくる。

タトゥーだらけの無名のナイフ使いの仲間が超かっこいい。
大ボスの俳優、豪華。
総理のティルダスウィントンの顔と言動がウザすぎる。

キャラの濃いやつが序盤で呆気なくめちゃくちゃ死ぬ事が悲しかった。
もみ

もみの感想・評価

-
総理と先生の顔芸!そしてソンガンホの目の演技
しょー

しょーの感想・評価

3.5
個人的に好き!
列車に水族館、農業、クラブなんでもあり。
どうなってんだと色々考えずその世界に集中できれば楽しめるのかな。
人類のヒエラルキーを列車の中で表現した映画。世界中をぎゅっと小さくしたら実際こんな感じなんだと思う。
>|