スノーピアサーの作品情報・感想・評価

スノーピアサー2013年製作の映画)

설국열차/SNOWPIERCER

上映日:2014年02月07日

製作国:

上映時間:125分

3.2

あらすじ

2014年7月、地球の温暖化を防ぐため化学薬品が撒かれた結果、地球は新たな氷河期に突入した。それから17年が経った2031年。地球上を走る列車「スノーピアサー」が、生き残った人類にとって唯一の生存場所だった。最後の人類を乗せたこの「ノアの箱舟」は、先頭車両に乗る上流階級によって支配され、後方車両の乗客は奴隷のような扱いを受けていた―

「スノーピアサー」に投稿された感想・評価

くり

くりの感想・評価

3.4
こういう設定の魅力に全振り映画はどんなに低評価でも自分のワクワクに負けて見てしまう。
まわりの意見を気にせず自分のワクワクを追い求めるという意味では急に無駄に世界一周しちゃう系の人と同じ心理かもしれない。

地球温暖化防止の為の化学薬品のせいで逆に地球が氷河期になってしまった2031年。
生き残った僅かな人類は唯一止まらないハイテク列車の中に生活拠点に移す。
最後尾で奴隷の様な扱いを受けている貧民層が暴動を起こし前の富裕層車両へ侵略を試みる列車乗っ取り大作戦。


そしてこの映画を見た場所が一面雪景色の新千歳空港行きの特急列車。自由席の最後尾車両という奇跡。
なんとなく見てみました。思いつきで見た割には、まだアリかな。この後、どうなったのかも気になるところ。
aaaaa

aaaaaの感想・評価

3.9
ポン・ジュノ監督、クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ジェイミー・ベル主演作品。

氷河期の世界、永久機関列車「スノーピアサー号」でのディストピア系SFスリラー。

巨匠ポン・ジュノ監督作品と言う事で、一筋縄ではいかない作品。
列車が車内で社会階層に分かれて、そこで戦いが始まるという物語は、非常にユニークで興味深い。
ただ、エピソードを詰め込み過ぎたせいか、映画として見ると、若干分かりづらいかも。
寿司のシーンと学校のシーンは、とても面白かった!
この前鑑賞した、リトルダンサーのジェイミー・ベルに注目していたけど、あまり存在感が無く残念。
何となくブレードランナー感が出た作品でしたね。
『スノーピアサー』
tlagalt

tlagaltの感想・評価

4.0
世界がひとつの列車だったら、という設定の話。各車両の中や住む人が様々に変わる様が面白い。まるで世界の縮図を見ているよう。
ゆぺ

ゆぺの感想・評価

3.8
最後までワクワクしながら観た
どういうことなの?どうして?なにこれ?とおもうところがいくつかあったけど、気にしたらダメなのかもしれない...
一度きりのワクワクという感じで、二度は観ようと思わない
でも、結構好き
am

amの感想・評価

3.6
ひたすらつらい きつい……でもきらいじゃない……
>|