スタンダード

セッションズのスタンダードのレビュー・感想・評価

セッションズ(2012年製作の映画)
5.0
【興奮しながら絶望した】


こんな素敵な言葉、
僕は死んでも捻り出すことは出来ません。


マークは身体の不自由さを、
ユーモアで補っています。


【筒抜けサトラレ】


人間どんなに気持ちを押し殺しても、
きっと相手には筒抜けなのでしょう。


それでも隠さずにはいられない、
人間誰しもそういう時があるものです。


【同調したらば金忘れ】


『世の中にはもっと辛い人がいる』
『それに比べたらまだマシな方』


この考え方がいかに無意味なものか、
本作は明示してくれています。


甘ったれの僕が、
マークに共感するのは失礼か?


とんでもない、
僕はマークと同じような生き方がしたい。


真似をするという意味ではなく、
マネーを渡すという意味でもなく、
ユーモアを忘れない生き方がしたい。