明石です

言の葉の庭の明石ですのレビュー・感想・評価

言の葉の庭(2013年製作の映画)
4.1
4年ほど前「秒速5センチメートル」と一緒に小説版を読んでいたものの、映画はなぜか見たことなかったので初試聴。(おそらく46分という絶妙によくわからない尺のためだと思いますが笑)

絵が綺麗だなあ。風景が美しいなあ。という感想が1番に出てきた。また高校1年で社会人のお姉さんとほろ苦い関係を築けるとか、羨ましすぎない?とも思った。ずるい。嫉妬してしまうので邦画はもうしばらく見ないようにしよう…

と思ってたら急にグッとくる展開に。
「梅雨が明けてほしくない」って気持ちが痛いほど伝わってくるし、好きな人が引っ越すと知っても、歳の差からか幼さからか何も言えない気持ちも。告白して拒否されたら、相手のことを嫌いだと嘘つきたくなる気持ちもなんかわかる。

途中からは、好きな人が実は自分の学校の先生だったというぶっ飛び展開に置いていかれそうになりましたが、最後は綺麗なお話だなあと。新海誠監督ってすごい…と素直に感動。普段ラブストーリーは見ないようにしてますが、これははハマれました。新海監督の他の作品ももっと見てみよう。