言の葉の庭の作品情報・感想・評価

「言の葉の庭」に投稿された感想・評価

一言、めっちゃよかった。目を離せなかった。

最初の短歌の意味がなんだったのか、
彼女は何者なのか、過去に何があったのか。
2人がどうやって惹かれ合っていくのか。

幸せってこういうことをいうんだなっていうのがじんわり伝わってくる映画。
Teslx

Teslxの感想・評価

-
綺麗な映画。私は新海誠の映画をまともに観るのが初めてだけど、これは他の映画で爆発的人気が出るのも頷ける。
絵も話も本っ当に綺麗。

登場人物は、靴職人になりたいという珍しく堅気な男子高校生と、年下に甘えるのが好きそうなどこか隙のある大人の女性。あとの人はぼんやりとしか描かれない。

私はこの綺麗な世界を見て、宮崎駿が脳裏をかすめた。しかし、この映画の世界は、宮崎駿の大人嫌いが透けて見える清潔な世界とは異なるベクトルの、美しく儚い世界であると感じた。

至高の青春。


事前知識は「新宿御苑が舞台」のみ。逢瀬の舞台だとは思わなかったけど、見覚えのある風景が少しでも見られて楽しかった。
(新宿御苑が好きな私と弟で観た)
りりこ

りりこの感想・評価

5.0
秒速に続けて視聴。先生の顔ぐらい覚えてるはずとか、なんで高層マンションの階段で偶然会えるん、とか、ツッコミどころは満載。それでも雨の匂いが好きな私にとっては極上の映画。しかもまさかまさかのRAIN。大江千里世代にとってはたまらん。秦くんの声もいいね。
romari

romariの感想・評価

4.4
結構好きな映画。
映像がとっても綺麗な作品で
特に雨が本当に美しい。
雨の日に新宿御苑に行ってみたい。
すう

すうの感想・評価

4.0
そういえば学校で観た!
はる

はるの感想・評価

4.0
大好き。  

高校生の頃から20回くらいは観たのかな。
同作と出会い、新海誠監督を知り
映像叙事詩に酔いしれた四年前。

鑑賞回数は20数回超えにものぼる。

心のどこかしらを埋めていき
屈さない自尊心を優しく受け止めて
沈んだ情に訴えかけてくれた。

観た回数じゃなく、これはもう診てもらった回数。

好きすぎて、書き残さなかった今まで。
絶えず”好き”を通そうと心に決めた今年。

アニメも、映画も。
没入するキッカケを作ってくれた想い入れのある作品。

何気ない素振りや身振り、情緒や台詞がこんなにも美しく、儚くも切ない描写に変化を遂げた”孤悲”。

タカオのモノローグが青く、口に出せず素直になれない思春期の男の子を奏で
ラストに向かい、滴る雨と共に零れ出す。


恐らく「君の名は。」と違い
万葉集も引用され、叙事詩として描かれる賛否ある同作。
しかし、理解のある方は是非。
よければ一歩引いて、新海監督が描く”すれ違い”を味わってほしいと思います。
kick

kickの感想・評価

3.5
流石の綺麗な映像で特に、自然の描写などが最高でした。
個人的に、ユキノがスカートではなくズボンを履いているのは、女らしさを抑えようとしてるのではないかと思った。
年上女性キャラの花澤香菜はやっぱり良い。
あま

あまの感想・評価

5.0
合計374作目
2019年7作目

映像が綺麗で、最後の歌の入り方も完璧で内容も良くて、、、もう本当にに素晴らしい。
>|