言の葉の庭の作品情報・感想・評価

「言の葉の庭」に投稿された感想・評価

一言、めっちゃよかった。目を離せなかった。

最初の短歌の意味がなんだったのか、
彼女は何者なのか、過去に何があったのか。
2人がどうやって惹かれ合っていくのか。

幸せってこういうことをいうんだなっていうのがじんわり伝わってくる映画。
daiki091

daiki091の感想・評価

3.6
雨の日は一駅、二駅歩くべし
seira

seiraの感想・評価

3.2
冒頭の雨の場面で、映像の美しさに感動する。
新宿御苑に行くと、必ず主人公たちがいたあの場所に寄りたくなる。
内容は予想ができないものではないが、わかっていても泣きたくなるし切なくなる作品。
正直感動したかもしれない。

恋愛もののストーリーとしては予定調和的に、ステレオタイプ的な展開が目立ってはいたと思う。
不良の描写とか。でもくそ女に対しては俺も腹が立ったのでまあOKじゃないかな。

これ、ゆきのを純真無垢な天使として描かないところに個人的に好感が持てたかな。
必死に取り繕って、でも女で大人でけっこうどうしようもない、みたいな。
それでもたかおの前では素直でいられてる。
自分のことを良く知らないから居心地が良い。

でもそれも実はただの聞き上手になってしまっていたというのがマンションの階段のシーンで分かるんだけど、あそこの演出は正直震えた。いい意味で。抑えたような雰囲気と、飛び出していく様。
音楽の緩急と飛びつくタイミングがばっちりだった。
そこからずっと誰にも言えなかった本音を泣きながら吐き出すシークエンスは思い出しても心が乱れるなあ。そこからの「Rain」は本当に見事な重ね技過ぎて本当に泣くかと思った。

そういえばこの映画観てから体調が良くなったっけ。また観よう。
雨の日に観ました。

柏大輔さんの音楽がないとここまで活きなかったんじゃないかな、と思います。

わたしも東京の学校とかに通ってたら、一限サボって御苑とかで過ごして、日常の人たちと外れた世界にいたかった。
一年前くらいにみたな、たしか
ずっと湿っぽかった

このレビューはネタバレを含みます

先生と生徒の恋みたいなのが元々苦手なのでうーんって感じでした
やまだ

やまだの感想・評価

3.0
この物語でここまで泣かせられるの本当に天才だ 絵、構図、動かし方、音の使い方すべてが綺麗
ぎゅーした時に頭を持たれると好きになってしまうタイプなので秋月さんと結婚する
雨が降ると学校をさぼり、雨宿りに行く公園の休憩所で1人の女性に出会う。

自然と仲良くなっていき、雨が降る事を待ち望む主人公。

雨がテーマ。
雨の飛沫、雨に打たれ揺れる木々や草の細かな動きが繊細でとても良い。
内容は濃くないけど絵が綺麗すぎて見入ってしまう。
>|