言の葉の庭の作品情報・感想・評価・動画配信

言の葉の庭2013年製作の映画)

上映日:2013年05月31日

製作国:

上映時間:46分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「言の葉の庭」に投稿された感想・評価

simizu

simizuの感想・評価

4.0
ビールとチョコレート
aya

ayaの感想・評価

4.0
すごく綺麗。
雨が好きになる。

生徒と先生の恋…

何気ない会話が心地いい。

そして二人とも好きな声優さんだったからか、キュンキュンしたよね〜
青春。
いぶり

いぶりの感想・評価

4.6
新海誠作品の中でも特に雨の描写が美しい作品。見終わった後に実際の雨を見ると、いつもより雨がキラキラしてるような感覚になる。都会という人混みの中でも都会も良いのかもしれない…という気持ちにさせる。
新海誠らしさが溢れ出ているため内容に関しては、好き嫌いが別れる可能性あり。前作までの作品を見てきた人であれば難なく見ることは容易だと思うが、今作以降の作品を見てから場合は、人それぞれの捉え方になるかと。


内容はスッキリ爽快に感じるものではないかもしれないが、どうしようもないこともある中で、それでも自分の気持ちを大切にしているところが注目。

新海誠作品の作画はどの作品をとっても美しいが、今作は特に美しいと感じている。今現在は「天気の子」まで見たが、その中で最も美しく特に雨の描写はずば抜けている。
雨の新宿御苑、雨の都会の駅の様子、雨の道路etc…どれを見ても綺麗に描かれている。風景の1カット1カットをPCの表紙にしたいほど。

今作で作画の次に注目して欲しいのが音楽。雨の音も聴き心地の良いものではあるが、その音や作画を引き立てているのがサウンドトラック。
担当は天門が行っており、特徴的なのは過去作の「秒速五センチメートル」を思い出して頂けると。ピアノの一音一音が雨の日の良い雰囲気を作ってくれている。
EDの秦基博の「Rain」はイントロから今作に合っている。歌詞も今作そのもの。この曲以外でこの作品は成しえないほど。


「君の名は。」に繋がる要素もあるため、「君の名は。」を見る前に見ることをオススメ。先に見た方は今作を見た後に再度見ると新たな発見があるかと。
前作までの新海誠ファンなら新海誠節が効いていて気に入る方も多いと思う。
都会は得意ではないが、今作を見ると都会への憧れが少し湧く。
新海誠×天門の組み合わせは今作以降無い(天気の子まで)ため今後またあの空気感を劇場で体感したい。
anna

annaの感想・評価

4.3
新海誠だなぁって感じ
嫌いじゃない
めっちゃ短いよね
先生との恋物語。音楽と作画は最高
kaznakaz

kaznakazの感想・評価

3.5
こんな雨の景色好きだ。
Kei

Keiの感想・評価

2.5
秦さんの歌聞きたさに観ました。
痩せ蛙

痩せ蛙の感想・評価

4.1
ぎりぎり新海誠の映画。
音楽担当もどってきてくれーーー
>|