言の葉の庭の作品情報・感想・評価

言の葉の庭2013年製作の映画)

上映日:2013年05月31日

製作国:

上映時間:46分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「言の葉の庭」に投稿された感想・評価

気にはなってたので、見とかなきゃと(๑^^๑)
梅雨の朝の二人のなんか良い距離感❣
40分そこそこだったのが…もったいない。
あり

ありの感想・評価

3.0
天気の子をみたので。
この後に秒速五センチメートルをみる
ayaki

ayakiの感想・評価

4.3
絵の美しさがやっぱりすごい!!
階段でのシーンは涙が
あふれてしまいました!
主題歌もよかった⋆̩☂︎*̣̩
コミュ

コミュの感想・評価

3.7
ストーリーだけ見れば、昼ドラ1つを見たような薄味の作品ではあるが、
映像の力によって物語が美しい。

尺が短いのでサッと観れるのが良い
m

mの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

靴職人を夢見る高校生と病んでしまった先生は雨の日に公園で会うたびに関係を深めていく
uirou

uirouの感想・評価

3.3
絵がとにかくきれい。
HIGHINLET

HIGHINLETの感想・評価

3.8
雨粒や水面、草木の露などの映像美に目を奪われる。

雨の日に決まって授業をザボり新宿御苑で雨宿りをする高校生と、そこで出会った年上の女性。

名前も素性も知らぬまま互いに惹かれていき、雨音とピアノの旋律が響き静かに話が進む中、突如せき止めていた2人の感情が溢れ出す瞬間にえも言われぬ熱くなるものがあった。

エンディングの「Rain」が本当にシンクロして心底いい。
kurage

kurageの感想・評価

3.7
『天気の子』は、ここから発想を膨らませたものだろう。立ち上るようなしとしと雨の描写に目がいく。雨は地面に落ちるのではなく、地面から雲へと掬い上げられるのだ。救いあげる、とも書けるかもしれない。

雨の日に会う27歳のユキノと15歳のタカオ、ふたりの時間。梅雨が終わり、日々が過ぎていく。嗚咽するくらい泣けたなら、あとは前を向いて歩けるだろう。

エンディングテーマは「Rain」。オリジナルが好きだけど、秦さんの声もソフトでいい。
観ました。

雨。というのはとても印象に残りやすい。
私は雨男でもあるので、ここぞという時は雨が降る。
>|