言の葉の庭の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

言の葉の庭2013年製作の映画)

上映日:2013年05月31日

製作国:

上映時間:46分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「言の葉の庭」に投稿された感想・評価

耳が癒された。画も綺麗。なんかこう、切ないんだけど切なすぎないこの絶妙な感じがイイね。(語彙力)
さきこ

さきこの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

先生だって人間で、人間は誰かと補い合ってるんだよって感じる映画だった

最後の泣きながら本心と別のことを言ってるシーンは、きっと思ってることと真逆のことを言ってるんだなって思うとグッときた

新海作品は光を写すのが上手いなぁ。
型紙をナイフでなぞるときの描画もすごくて突然びっくりしてしまった。紙が毛羽立つかんじ
リアルなんだけど幻想的なアニメーションが良かった。
一大出来事があるわけではないが、満足度高め。
ラストも温かい気持ちになる。
2019|197
mana

manaの感想・評価

3.7
東京がこんなに美しく見えるのはこの監督の映画くらい。ストーリーも私は嫌いじゃない
雨も悪くないな…と言いたいところだがそろそろ梅雨は明けてほしい。
みみ

みみの感想・評価

3.9
すごく良かった。

君の名は、は評判良くてハードル上がりすぎてて個人的に微妙だったけど、これは素直にいいなと思った。

雨の描写がほんとにきれい。アニメとは思えないほどリアルなのに、現実よりワントーン明るく感じる。

お話も、心がぽきっと折れちゃった人が勇気付けられるストーリーだった。恋愛要素が押し付けがましくなくて好き。
masa

masaの感想・評価

3.0
【天気の子】
鑑賞前に新海誠作品関連を勉強。

映像美はあいかわらずで
時間がゆっくりと流れていく。

40分とかなり短いけど
脚本もわかりやすく、結構引き込まれた。

雨の日に出会う年齢が離れた男女の物語。

本当は大好きなのに、相反する言葉を投げることによって保身するシーンにじ〜んときてしまった…。

不器用に中傷的な言葉を立て続けに、好きな分だけ言ってしまう感情の極み。
「君の名は」にノレなかった僕も、この新海誠作品には素直に入れた。雨が引き寄せるロマンチックな設定にまず惹かれ、後はトントンと。中編故の省略も心地良し。それにしても美しい絵!脚差し出すのはエロティシズムの極致。他の新海誠作品も観ていこう。‬
Naoko

Naokoの感想・評価

2.5
雨の新宿御苑が美しくて、とってもとってもロマンチック。
オトナ版「耳をすませば」
三畳

三畳の感想・評価

3.4
10代の時付き合ってた人の家で秒速五センチメートルをゴリ押しで見せられた影響なのか、新海誠さんの映画そのものにもそういうオタクの押し付けがましさを感じている。今やってるやつのCMもしつこいし。

本作は君の名はに比べれば、喋りすぎてなくて良かったけど、風景をリアル"っぽく"スーパー美化して描くことで、この映画が美しいリアルだとでも言い切りたいような強引さはやっぱり感じて、人物や会話はぜんぜん不自然なのにって思う。

でも、今までアニメに写実的であることは全く求めていなかったけど、このサイトで色んなレビューを読んで少しだけこの作風が愛されるわけが理解できた。新海誠さんやそのファンの方々が、心に、日常がこの映画のように映るキラキラのフィルターなり聖域なりを持っているなら、それは露悪趣味よりはるかにイイと思う。
otone

otoneの感想・評価

3.7
泣いてしまった、めちゃくちゃエモい。
Rainがぴったりすぎて、この歌のための映画なのでは?と思ってしまうほど