言の葉の庭の作品情報・感想・評価 - 762ページ目

言の葉の庭2013年製作の映画)

上映日:2013年05月31日

製作国:

上映時間:46分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「言の葉の庭」に投稿された感想・評価

まつこ

まつこの感想・評価

2.9
冒頭の緑が鮮やかで目を引きました。画がとても綺麗で、雨の描写が素敵な作品。

秦基博さんの歌が優しく響きました。

生きてると毎日が上手くいくとは限らなくて、それは大人も子供も同じな訳で。歩く練習が必要な訳で。
まわり道が人を優しく成長させてくれる、そんなお話でした。

梅雨時期の雨が好きになれない季節に観たい作品かな。
思春期の頃に観たらまた違ったのかもしれません。私には少々時が経ち過ぎた気がしました。

劇中の小物がユキノさんっぽくて素敵でした。彼女は陽だまりのような感じなので北欧がよく似合うように思います。

アイノ・アアルト買い足そうかな。
きんた

きんたの感想・評価

3.9
水滴のひとつぶでさえほんとうに丁寧に丁寧に描かれていて、映像を見ているだけでも満足です…。ストーリーもすてき!
雨もいいなぁ、、と思いました(笑)
べんべ

べんべの感想・評価

3.8
“綺麗”としか表現を持てない自分が少し残念なくらいのアニメーションでした。
描写の一つ一つが細かくて、心理とリンクする雨がとても美しいです。
Qoo

Qooの感想・評価

3.7
秒速の時よりも人間が自然に。
切ないストーリー。
ヒロインが裸足で家を飛び出すシーンが好きです。
さー

さーの感想・評価

3.7
「感性」を味わう映画。
憂鬱な気分になる雨を、空の匂いを運んでくると表現してしまうほどの、繊細さ。

特典映像で、入野自由が雪野先生を、どこが魅力か分からないところが魅力と言っていて、その通りだーーと思った。
ejon

ejonの感想・評価

3.8
新宿御苑が舞台で、何だか現実と相まっていて、映像が個人的に好き。
Boo

Booの感想・評価

4.2
とても美しい作品でした…観て良かった!!
ビジュアルもストーリーも本当に綺麗。
50分足らずの短さもちょうどよくて。
綺麗な文体の短編恋愛ものを読んでいて、自分の頭の中で再現されているのが、そのまま最高の状態で映像化したような。
音楽もピアノが中心で綺麗で、タカオもユキノも心が綺麗で…とにかく何もかも綺麗な作品でした。
タカオがユキノの足を測るシーンがもうロマンチックすぎて…。
心が枯れ果てて、疲れたときに観たい作品です。
雨が好きになる。
新宿御苑行きたくなる。
SakuraKo

SakuraKoの感想・評価

4.0
1時間にも満たない映画なのであまり期待していなかったのですが、思った以上に良かった。
とにかく映像が美しい。ストーリーはあり得ないようなお話だったけど、それがアニメ映画の良さだと思う。
ラストの引きが綺麗で、EDテーマが作品の世界観にすごく合っていたと思う。
つばさ

つばさの感想・評価

3.7
「秒速5センチメートル」などと同監督の新海誠の作品。

単純明快なストーリーだけど、そこが非常に分かりやすく見入ってしまった。さらに、そのストーリーが俺の大好物‼︎

15歳の高校生タカオは靴職人を目指し、雨の朝は学校には行かず、とある庭園で靴のアイディアを練る。いつも座る屋根のベンチの下には、片手にビールを持ち、チョコレートを食べる27歳の女性ユキノがいた。

そして、ユキノはこう言った。
「また会えるかもね。雨が降ったら。」

キーワードは「雨」
雨になれば、そこにはあなたがいる。雨の朝は嬉しい。梅雨入りは嬉しい。梅雨明けは……。

タカオは素性も知らないユキノに好意を寄せていくが………。

雨は頗る嫌いですが、この作品で雨の音って素敵だなと思った。
心の悩み、葛藤で汚く染まった色を鎮静してくれ、その色は徐々に薄まっていく。


46分でこの完成度は良かった。
そして、一番良かったのは映像美です。冒頭の数分で魅了され、現実よりも現実らしい世界観。
この美しさだけでも一見の価値ありですね。

さらに、声優も良し。
主人公にはあの花のじんたん、アイシールド21のセナ、千と千尋の神隠しのハクを務めた入野自由。
純粋で真っ直ぐさが出てた。

ヒロイン役の花澤香菜の声も最高でした。

そして、エンディング曲には秦基博の「Rain」が抜群に良くて、感動をさらに促す。

予告が非常に好きなので、ぜひ見てください。
keigo

keigoの感想・評価

3.9
この物語での雨はすごく心地よい
感じがする。
この監督の作品好きかも