小さな悪の華の作品情報・感想・評価

「小さな悪の華」に投稿された感想・評価

ぽん

ぽんの感想・評価

4.5
思った以上に残酷、、、!!
少女が自分たちよりずっと年上の大人たちを痛めつけるというのが苦しい、、小鳥のシーンは生々しくてみてられない…(;_;)
退廃的で重厚感のある画の雰囲気は大好物です
あとアンヌが涙を流すところがめっちゃきれい
眠れなくてこっそり布団かぶって懐中電灯照らして本読むってシチュエーションはいいよね
キライではない
エロすぎワロタ。脇毛剃れ-0.1
ハル

ハルの感想・評価

4.0
アングラ映画だけど、
堕ちていく2人が綺麗に描かれている

悪の華の作者がこの映画を見て描いたらしい
お〜。すごい

当時、アメリカと日本でのみ
上映されたみたいですね😳

あらら〜😱
この内容は上映禁止なるやろ😱笑

ラストもびっくりした....💦
BON

BONの感想・評価

-
虫を遊びでなぶり殺す子どもが成長したような悪魔のような少女たちの呪われた映画だった
TSUTAYAの発掘良品コーナーにて。
物語自体は悪童のアサハカな話に過ぎないのだが、それを信仰(反信仰?)と小洒落た音楽と衝撃的なラストで巧みに味付けすることで『作品』に仕立て上げる腕前はさすがフランス映画だと思う。
蛇足ながらこの映画を観て、何の脈絡もないのだが昔駅前にあった悪書撲滅を謳った白ポストを憶い出した。
さつき

さつきの感想・評価

3.5

よくこんなの上映されたな!
ペイン

ペインの感想・評価

4.5
大傑作カルト映画。

思春期を迎えて“悪の華”が開花し、悪に魅せられ、鬼畜の所業を尽くしていく少女二人。

こんなにも悪に魅了されていく姿を美しく、そして儚く描いた映画があるだろうか…

当時フランスで上映禁止になったのも納得で、ここでは口にすることすらはばかれるような描写の数々。観客にケンカを売っている映画だ。

今やテレビ等でも使いふるされているテーマ曲もなんとも染みる。
けい

けいの感想・評価

4.2
効果音とのズレがかわいい
>|