なべちゃん

永遠の0のなべちゃんのレビュー・感想・評価

永遠の0(2013年製作の映画)
3.4
戦争のことを知るきっかけに

小説の永遠の0既読です。当時、この小説をきっかけに戦争に興味を持ち、戦闘機乗りだった方の手記や、戦争映画を続けてみた記憶があります。私のような、戦争のことを知らない世代に最初に見せる戦争映画としてはよいと思います。

見ていて感動しますし涙も流してしまいましたが、話ができすぎている面はあると思います。台詞の中に「これ、言わせたかったんだろうなー」と感じさせられるものも多いです。祖父のことを知ることを通して、考え方を変えていった三浦春馬くんの姿は製作者側がこうあってほしいと思っている若者の姿そのものなのだと思います。こう考えてほしいということを全て教えてくれるのですが、自分としては押しが強すぎるように感じてしまいました。

軍師だったり豪傑だったり、強い人物の役が多い岡田くんの優しく繊細な男の演技も良かったです。三浦春馬くんも当時からよい役者だったのですね。あれだけ死んではならないと言うメッセージを伝えられた側の役をしていたことを考えると本人も苦しんだのでしょうが悲しくなりますね。