永遠の0の作品情報・感想・評価

永遠の02013年製作の映画)

上映日:2013年12月21日

製作国:

上映時間:144分

3.8

あらすじ

太平洋戦争末期。勝利を目前にしたアメリカを大混乱に陥れた、たった一機の戦闘機。「悪魔」と呼ばれたそのゼロ戦は米軍最強の空母艦隊による一斉射撃・百万の銃弾をくぐり抜け、包囲網を突破してみせたのだ。その「悪魔」を操るパイロットは、実に意外な人物であった。宮部久蔵。天才的な操縦技術を持ちながら、生還することにのみ執着し、仲間から『臆病者』と罵られた男だった…。

「永遠の0」に投稿された感想・評価

まこと

まことの感想・評価

5.0
「永遠の0」は本当に良い。初めて見た時からずっと自分の血がそう呟き続けてやまない。劇場に三回も足を運んだ映画で、三回ともそれぞれ異なる発見や感動があって、そのどれもが根っこの部分で、家族愛という普遍のテーマに通じている。

戦火の絶えない現代に、キツイお灸を据える教本のような作品だ。各賞を受賞するなど、この映画が高い所で評価されて凄くうれしく思った。携わった全ての関係者に深い敬意と感謝の意を示したい。
Momo

Momoの感想・評価

-
原作好きからの批判は多々あるらしいけど、すごくリアルで5回も観た。定期的に観たくなる。こういう時代があったことを考えさせられる
だいち

だいちの感想・評価

5.0
映画館で初めて泣いた作品
AJ

AJの感想・評価

3.8
「自分の愛する人を最後まで守り抜こうとする男の物語」
太平洋戦争で活躍した零式戦闘機(零戦)のパイロットの宮部久蔵の生き方がカッコいいと思った。自分の命を犠牲にして国に捧げる時代に、愛する人のために命を守るという決意が素晴らしい。それがたとえ上官に言われても、考えを変えない心がとても強い。そして、自分の命を大切に扱い、仲間の命も大切に思う心が凄いと思う。
最後の特攻シーンは映画全体を象徴していて、とても感動した。
本を読んでからの映画。
そこそこ
映画としては普通に面白かった。
現代と戦時中のコラボは私の嫌いな手法だけど、これは苦手だと思わなかった。


ただ、戦争はやってはいけないと簡単に口にする事は出来ても、こんなに悲しいんだからねって共感ぶる事は簡単に出来ても、当時のそれぞれの想いを平成に生まれて平成に生きてる身としては簡単に考察出来ないと思う。

その過去を知るという意味ではとても大切だと思った。
>|