永遠の0の作品情報・感想・評価

永遠の02013年製作の映画)

上映日:2013年12月21日

製作国:

上映時間:144分

3.8

あらすじ

太平洋戦争末期。勝利を目前にしたアメリカを大混乱に陥れた、たった一機の戦闘機。「悪魔」と呼ばれたそのゼロ戦は米軍最強の空母艦隊による一斉射撃・百万の銃弾をくぐり抜け、包囲網を突破してみせたのだ。その「悪魔」を操るパイロットは、実に意外な人物であった。宮部久蔵。天才的な操縦技術を持ちながら、生還することにのみ執着し、仲間から『臆病者』と罵られた男だった…。

「永遠の0」に投稿された感想・評価

まこと

まことの感想・評価

5.0
「永遠の0」は本当に良い。初めて見た時からずっと自分の血がそう呟き続けてやまない。劇場に三回も足を運んだ映画で、三回ともそれぞれ異なる発見や感動があって、そのどれもが根っこの部分で、家族愛という普遍のテーマに通じている。

戦火の絶えない現代に、キツイお灸を据える教本のような作品だ。各賞を受賞するなど、この映画が高い所で評価されて凄くうれしく思った。携わった全ての関係者に深い敬意と感謝の意を示したい。
本の内容はしょり過ぎてて残念。
前編後編にしてもっと濃い内容にして欲しかった
さか

さかの感想・評価

4.7
何度見ても大号泣
めちゃくちゃかっこいい
ずっと涙が止まらなかった。
特にラスト5分弱。

斜め読みで大筋は掴んでいたが、公開当時、岡田准一に興味なく、勝手に見ず嫌いをしていた。
が、國岡商店を鑑賞した勢いで観て驚いた。構成や展開も分かりやすく、宮部はこの人しかできないな、と。とくにもう表情の移り変わりが自然で凄い...

あの戦争で様々な思いを胸に志半ばで亡くなった方々の上に、そして生き抜いた人々の先に、今の私たちがいること決して決して忘れてはいけない。二度と繰り返さないことを伝えていかなければならない。

命の重みを伝える映画。

生きよう。強く。
めい

めいの感想・評価

4.3
ラストの零戦のエンジン音に鳥肌
h

hの感想・評価

-
感動もんです
655321

655321の感想・評価

3.3
良くも悪くも岡田君ありきの映画。
この役にここまで説得力を持たせることができる役者さんはそうはいないと思う。
>|