永遠の0の作品情報・感想・評価

永遠の02013年製作の映画)

上映日:2013年12月21日

製作国:

上映時間:144分

3.8

あらすじ

太平洋戦争末期。勝利を目前にしたアメリカを大混乱に陥れた、たった一機の戦闘機。「悪魔」と呼ばれたそのゼロ戦は米軍最強の空母艦隊による一斉射撃・百万の銃弾をくぐり抜け、包囲網を突破してみせたのだ。その「悪魔」を操るパイロットは、実に意外な人物であった。宮部久蔵。天才的な操縦技術を持ちながら、生還することにのみ執着し、仲間から『臆病者』と罵られた男だった…。

「永遠の0」に投稿された感想・評価

まこと

まことの感想・評価

5.0
「永遠の0」は本当に良い。初めて見た時からずっと自分の血がそう呟き続けてやまない。劇場に三回も足を運んだ映画で、三回ともそれぞれ異なる発見や感動があって、そのどれもが根っこの部分で、家族愛という普遍のテーマに通じている。

戦火の絶えない現代に、キツイお灸を据える教本のような作品だ。各賞を受賞するなど、この映画が高い所で評価されて凄くうれしく思った。携わった全ての関係者に深い敬意と感謝の意を示したい。
K3IJ1

K3IJ1の感想・評価

4.4
泣けんかった
moca

mocaの感想・評価

3.8
ほんまに泣ける
Kaho

Kahoの感想・評価

4.2
岡田くんの迫真の演技に心打たれる。戦争の恐ろしさが伝わる。
s

sの感想・評価

-
上田竜也が印象的
原作が好きで鑑賞しました。
この時代の「御国のために命を投げ出す」という考えではなく、自分の愛する人たちを守るために戦い、生き抜く事を最善にした人の話です。
多くの方も口では御国のためと言っていますが、根底には同じ考えだったと思います。
しかしあの時代に口に出し、行動するにはあまりにも勇気がいる事だったとも思います。
そんな主人公が最後に戦うシーンは圧巻です。
原作とは雰囲気が異なりますが、観てよかったです。
yoshio

yoshioの感想・評価

4.0
★★★★☆
戦争を生きた人から語られる宮部久蔵の物語。
宮部本人の心境が語られることはないが、それぞれの語り手を通して伝えられる宮部の家族や仲間への思いは現代人寄りで戦争の悲惨さを感じる。時代を超えて伝えるべき史実と人の思いですね。
岡田くんの演じる宮部はカッコいいし、リアルを追求した戦闘シーンや戦争描写も見応えあり。原作未読だからかもだが、合コンシーンでの特攻と自爆テロは同じかの口論が唯一微妙だった。
こだわって終戦記念日に鑑賞。
戦時中の人々の想いや、市民をここまでに追いやってしまう戦争というものの凄惨さなど様々なことを考え、戦争を経験していない若い自分には想像の範疇を超えないが、心に大きく響くものがある。
戦時の状況下でも自分の生き方を貫く宮部、それを演じる岡田くんの相乗効果でありえんカッコいい。感情の変化を表情だけで演じ分ける岡田くんの演技力が凄まじい。その他の役も配役が秀逸。
真珠湾攻撃のシーンからCGを抜くと、実はただの奄美大島の空撮というのが面白い。CG技術も見どころの一つ。
現代→過去の回想方式によって、後世の人物への影響が描かれているのは面白いのだが、もう少し宮部の細かい精神描写が欲しかった。それと、三浦春馬は結局どう変わったのか描かれていた方が自分的には良かった。戦争シーンに比べて現代シーンは見劣りするが、各おじいちゃん達がカッコいいのと、オチは伏線回収があって良かった。
>|