永遠の0(2013年製作の映画)

上映日:2013年12月21日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:144分
    監督
    山崎貴
    脚本
    山崎貴
    林民夫
    原作
    百田尚樹
    キャスト
    岡田准一
    三浦春馬
    井上真央
    濱田岳
    新井浩文
    染谷将太
    三浦貴大
    上田竜也
    吹石一恵
    田中泯
    山本學
    風吹ジュン
    平幹二朗
    橋爪功
    夏八木勲
    あらすじ
    太平洋戦争末期。勝利を目前にしたアメリカを大混乱に陥れた、たった一機の戦闘機。「悪魔」と呼ばれたそのゼロ戦は米軍最強の空母艦隊による一斉射撃・百万の銃弾をくぐり抜け、包囲網を突破してみせたのだ。その「悪魔」を操るパイロットは、実に意外な人物であった。宮部久蔵。天才的な操縦技術を持ちながら、生還することにのみ執着し、仲間から『臆病者』と罵られた男だった…。
    3.8

    「永遠の0」に投稿された感想・評価

    まこと
    5.0
    「永遠の0」は本当に良い。初めて見た時からずっと自分の血がそう呟き続けてやまない。劇場に三回も足を運んだ映画で、三回ともそれぞれ異なる発見や感動があって、そのどれもが根っこの部分で、家族愛という普遍のテーマに通じている。

    戦火の絶えない現代に、キツイお灸を据える教本のような作品だ。各賞を受賞するなど、この映画が高い所で評価されて凄くうれしく思った。携わった全ての関係者に深い敬意と感謝の意を示したい。
    nutaki
    3.5
    原作未読。愛読のマンガ『夕焼けの詩』4巻『円タクと飛行帽』に話が似ていると気づいた、昭和51年の作品。パクリ疑惑のある作家だしどうなのかしら。海軍兵学校で終戦を迎えた父も多くを語らず亡くなり、戦中を生き抜いた世代が減る中で、戦争を描いた作品は後世に残すべきではあるが、質の良さが求められる。岡田准一が正義感溢れ、周囲が亡くなる中憔悴していく様など役にはまっている。夏八木勲は公開前に亡くなったが、最後に好演した。知人を訪ね歩き、真実が徐々に明らかになっていく展開は良くあるが、構成が上手く惹き付けられた。
    Niko
    3.9
    戦争ほんと嫌い
    感動した。特攻隊
    4
    4.2
    宮部の男らしさ
    >|