永遠の0の作品情報・感想・評価

永遠の02013年製作の映画)

上映日:2013年12月21日

製作国:

上映時間:144分

3.8

あらすじ

太平洋戦争末期。勝利を目前にしたアメリカを大混乱に陥れた、たった一機の戦闘機。「悪魔」と呼ばれたそのゼロ戦は米軍最強の空母艦隊による一斉射撃・百万の銃弾をくぐり抜け、包囲網を突破してみせたのだ。その「悪魔」を操るパイロットは、実に意外な人物であった。宮部久蔵。天才的な操縦技術を持ちながら、生還することにのみ執着し、仲間から『臆病者』と罵られた男だった…。

「永遠の0」に投稿された感想・評価

まこと

まことの感想・評価

5.0
「永遠の0」は本当に良い。初めて見た時からずっと自分の血がそう呟き続けてやまない。劇場に三回も足を運んだ映画で、三回ともそれぞれ異なる発見や感動があって、そのどれもが根っこの部分で、家族愛という普遍のテーマに通じている。

戦火の絶えない現代に、キツイお灸を据える教本のような作品だ。各賞を受賞するなど、この映画が高い所で評価されて凄くうれしく思った。携わった全ての関係者に深い敬意と感謝の意を示したい。
思ってたより…
期待し過ぎてた
yahhotaka

yahhotakaの感想・評価

3.3
戦争を鼓舞するでも、反戦テーマでもない。ただ愛のテーマ。ただ時代背景が戦中だっただけ。
と、捉えたい。でも、
零戦などのCGは震えが来るくらい本物を研究に研究した素晴らしい出来栄えに感服!
(零戦大好き人間より)
Manzo

Manzoの感想・評価

4.6
こういう日本の映画はいいな。細かい所のCGが粗いけど。夫婦で劇場で大泣きしました。
chienuma

chienumaの感想・評価

2.0
原作読んでから見てしまったからかな??

うーん
色々納得いかなかった
りなこ

りなこの感想・評価

3.7
先日最終回を迎えた、錦戸亮くん主演のドラマ「ウチの夫は仕事ができない」。
仕事より家庭を大事にするために、周りからは“仕事ができない”と評価されている男の話でした。

「永遠の0」も仕事の規模は違えど(笑)、家庭を守りたい男の話でした。

家庭を守る。
日本の未来を守る。

厳しい戦地でも意思を貫こうとする日本男児の魂を見ました。

岡田くんの作品てあんまり見てこなかったんですが普通にカッコイイですね(*⁰▿⁰*)♡笑
新井浩文をニラみつける目と、ラストの目が爆イケでした。

しかし戦争を生き残った人たちの回想でつないでいくのですが、現代のシーンに戻ると三浦春馬くんのクサイ演技があってなんかシラけてしまいました…。

戦争ダメ絶対、ってことを後世に伝えていきたいのはわかるけど、演出に泣かせよう感がありすぎて、あまのじゃくな私はそんなに泣けませんでした。
学校の授業とかで見せたいんだろうなあ。

CGもちょっとキレイすぎて、こないだ見た「プライベート・ライアン」のようなリアリティはなかったです。

田中泯さんと夏八木勲さんは、渋くてカッコよかった〜。
原作も読んで、鑑賞しました。
岡田くんの鬼気迫る迫真の演技が素晴らしかった。
感動しました。
summer

summerの感想・評価

2.7
うーん。わかるよ。わかるんだけど、なんだか。残念な気持ちになるのは、きっと過去と現在が交差するシリアスな映画にミスマッチなシーンのせいだろう。
なにその演出。台無し。
エンドロールで泣いた
misa

misaの感想・評価

3.3
とにかく涙
>|