永遠の0の作品情報・感想・評価

永遠の02013年製作の映画)

上映日:2013年12月21日

製作国:

上映時間:144分

3.8

あらすじ

太平洋戦争末期。勝利を目前にしたアメリカを大混乱に陥れた、たった一機の戦闘機。「悪魔」と呼ばれたそのゼロ戦は米軍最強の空母艦隊による一斉射撃・百万の銃弾をくぐり抜け、包囲網を突破してみせたのだ。その「悪魔」を操るパイロットは、実に意外な人物であった。宮部久蔵。天才的な操縦技術を持ちながら、生還することにのみ執着し、仲間から『臆病者』と罵られた男だった…。

「永遠の0」に投稿された感想・評価

思ってたより…
期待し過ぎてた
の

のの感想・評価

3.6
正直小説読んでから見ると
そこまでの感動はなかった。
岡田くんの演技はすごいなぁ。
すい佳

すい佳の感想・評価

2.9
岡田くんが渋かっこいい作品です。
おかた

おかたの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

今までなんとなく直視できなかった戦争モノ
でしたが、これは初めて真剣に最後まで
観て、好き(というか凄い・心震える)と言えるような作品でした。
特に岡田さんの衰弱していく演技は
素人目にみても圧巻でした。
ストーリーは過去の戦争の話だけではなく
現代に繋がっているので
映画作品 として観れたと思います。
westener

westenerの感想・評価

4.0
原作を読んでからの鑑賞だったが、満足。
岡田准一の演技はとても良かった。
戦争について考えさせられる作品。
岡田准一株上がり
happy0403

happy0403の感想・評価

1.9

このレビューはネタバレを含みます

この作品が評価云々関係無く感動した!って人はこれ以上読まなくていいです。








日本では日本を加害者に描くと資金が出されません。よって日本の戦争映画は被害者目線の体のお話になります。

原作も戦争経験者の話から刺激を受けて書いた寓話に過ぎず、原作者自身も戦争を知らない世代です。

この作品が戦争を美化した、英雄伝、として批判されるのはわかりますよね?
原作も映画もお話が美し過ぎます。その感覚が今の日本人にはありません。

主人公は戦線から離れ、仲間の死に直面して苦悩してましたか?
主人公はアメリカ兵の命、人間の命を奪うことに葛藤してましたか?
主人公は何故特攻隊で生きようとしたのですか?
どうやったらこうもあっさりと人間の死を描けるのか不思議ですし、失礼です。


もっと戦争は理不尽だったはずです。
役者の演技の良い悪いではなく戦争を経験した国であるのに戦争と正面から向き合わない作品にはヘドが出ます。


私が日本人として今見るべき日本の戦争映画は二本。
『野火』と『この世界の片隅に』です。
モモ

モモの感想・評価

4.0
《記録》
また観たい ★★★★☆
1人で観る ★★★★☆
恋人と観る ★★★★☆
友達と観る ★☆☆☆☆

・感動あり
>|