世紀の光の作品情報・感想・評価

世紀の光2006年製作の映画)

Syndromes and a Century

上映日:2016年01月09日

製作国:

上映時間:105分

3.9

「世紀の光」に投稿された感想・評価

moet

moetの感想・評価

3.8
気持ち良くうとうとした(褒めてます)。
最初のカットから美しかった。アピチャッポンは本当に光を映すのが上手い。
タイに行ったことは無いのだけど、タイでうっかり昼寝をしたらこんな不思議な夢を見てしまうのかもしれない。同じだけど違う。輪廻。
N4M30V3R

N4M30V3Rの感想・評価

4.0
「光の墓」と対を成す構図・エレメントが多いですが、「光の墓」のほうが入ってきやすかったです。こちらのほうが疑問点が多いかんじ(笑)。そもそも答え合わせしなくていいのだけど。
Moeko

Moekoの感想・評価

4.2
ブンミおじさんでパルムドール賞をとったタイの映画監督、アピチャッポン。
最近では東京の美術館で展覧会を行ったりと現代アートの領域でも人気。
時代が違うと思われる二つの病院で反復するセリフ、反復する人間の行動。
時代も背景も技術も変われど人間の行為、人間の愛し方みたいなものは基本的に不変なのだなと思う。

彼の作品はどれもアピチャッポン監督自身の過去や記憶が軸となっており、この作品もまた彼の記憶から展開された映画だそう。
ちなみに前半は母親、後半は父親を表しているそうなのだが、それに関しては分かるような分からないような、、。
暖かさが母性で、均一な冷たさのなかには垣間見える木漏れ日のようなものが父性とするならなんとなく納得はするのだけれど・・それらは監督自身の記憶に負うところが大きいのかもしれない。

前半の窓から生い茂る緑が見える病院、美しかった。
写真のように一シーンごとにバッチリ決まった構図も美しい!
また観たい。

このレビューはネタバレを含みます

やはり最後のシーンは、健康な身体をもリズムによって操作しようとしている現代社会への批判、警鐘ではないのか?お立ち台に上がっている人間以外、踊っている大多数の人間たちの表情は見えず、個性のない後ろ姿しか見えない点にそう感じた。
床ずれ

床ずれの感想・評価

4.9
場所も、時代も、風景も、全然違うのに、常に何か不気味な通奏低音が鳴り響いている。不思議な眼差しで、常に私たちを見守っている……。
妖しい映画ですね。現時点の好みではない。
Kimura

Kimuraの感想・評価

5.0
半分このなってる最高なやつ。好物。
齋藤亮

齋藤亮の感想・評価

4.2
アピチャッポンのなかでは一番わかりやすい構成になっている。
roland

rolandの感想・評価

-
光の裏側を提示する(それは必ずしも影ではない)。アピチャッポンの映画を観ると、いつもあの世へ近づく気がする。そのスリルを味わいたいという欲望がスクリーンへと目を向けさせる。それは結局死への欲望だ。アピチャッポン自身も幾度となく繰り返すモチーフでそれを歓迎する。映画が終わり明かりがついても僕はもう仮死状態で彷徨うことしかできないが、もしかするとすでに初めから死んでいたのかもしれず、ただ走馬灯を観に今日も家を出た。
前半と後半、ほぼ同じキャストが全く違う場所で少し違う関係性を生きることで、この世界の偶然の尊さと儚さに描いており、ガラスや鏡の反射が目立つのも多世界を象徴的に表現していて神秘的

純粋な映像の美しさもアピチャッポン作品の中でも抜群のものがあり、そのテーマ性と合わせて彼の作品で一番好きだし、オールタイムベストの一本
>|