世紀の光の作品情報・感想・評価

世紀の光2006年製作の映画)

Syndromes and a Century

上映日:2016年01月09日

製作国:

上映時間:105分

4.0

「世紀の光」に投稿された感想・評価

moet

moetの感想・評価

3.8
気持ち良くうとうとした(褒めてます)。
最初のカットから美しかった。アピチャッポンは本当に光を映すのが上手い。
タイに行ったことは無いのだけど、タイでうっかり昼寝をしたらこんな不思議な夢を見てしまうのかもしれない。同じだけど違う。輪廻。
ヒライ

ヒライの感想・評価

5.0
都内の映画館で鑑賞しました。
battlesのthe yabbaというMVを思い出した。

映像がすごく綺麗で、なんか愛おしくてすこし怖くて好きでした。
goodbye

goodbyeの感想・評価

3.8
時代が進んでゆく光だった。
前半は、開放的で土地柄のでている病院に自然光が差し込み優しく明るい。歯科医と僧侶がぽろりとプライベートをこぼすくらいに。
後半は外がほとんど見えない真っ白の建物で蛍光灯のくっきりとした光、心を見せなくなる人もいるけれどその閉鎖感を活かして楽しむ人もいる。
そして人々は町中に人工的な緑を創り、憩ったりしだす。
個人的に後半は息苦しく感じてしまった。土地の空気感や緑、自然光の映像のほうがずっと素敵に感じた。
ふ

ふの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

今まで見たアピチャッポンの作品で一番好きだと思った。タイミングも良かったのかもしれない。エンディングが今週見た短編に使われていたのとおなじ曲だったり、そういうところとか。


今まで恋をしたことあるの?なんてひどいこと言われたら泣いてしまう
TsutomuZ

TsutomuZの感想・評価

3.9
輪廻転生してもアソコが勃ってしまうのがカルマと言わんばかりのラストシーンのダンスが良い。

それゆえに、肉体に固執するから解脱できないと言わんばかりに、仏像とおそらくタイ王室などの偉人の像を撮影しているのではないか?

というたわ言を述べることができる、良くわからないとけどなんとなくわかった気がするという、まさに夢のような映画を意図して作れる監督は徳が高いに違いない。
「セパタクローを眺めるナース達」が良かった。

建物主体の画が良かった。なんていうか無限性というか時間の長さというかそういうものを感じさせられた。カメラを固定して人物が動くシーンも良かった。歯医者がどっかに行った坊さんを追いかけるシーンとか。

ストーリーはよく分かんない。個々のエピソードは好きだけど、それをまとめた全体としてのテーマを掴めなかった。

無表情演技はカウリスマキの圧勝。瞬きしないで。
茅

茅の感想・評価

-
過去と未来、田舎と都市、フィクションとノンフィクション、、、そうやって世の中を2つにわけてばっかいるからダメなんだよバーカ!と言われた気分になった。
アピチャッポンみたいなYouTuberが出て来たら、YouTuber見直す。
何とも淡いストーリーが変奏される。色彩がとてもまぶしく、音響が澄んでいる。意味ではなく間違いなく映像を語っている映画。爽やかな後味。
浸れる。
Tyga

Tygaの感想・評価

4.3
光を受け止めるものと光をはね返すもの。
風を受け流すもの、風すらすいこんでいってしまうもの。

唐突な反復(厳密には反復ではない)によってもたらされる確信に似た気持ち。
もはや、生は生きるものではなく生かされているものになってしまったのか。

自然が都会になるだけで絶対的に過去と未来みたいになる。
だってもう自然には戻れないもんな。
>|