世紀の光の作品情報・感想・評価

世紀の光2006年製作の映画)

Syndromes and a Century

上映日:2016年01月09日

製作国:

上映時間:105分

3.9

「世紀の光」に投稿された感想・評価

moet

moetの感想・評価

3.8
気持ち良くうとうとした(褒めてます)。
最初のカットから美しかった。アピチャッポンは本当に光を映すのが上手い。
タイに行ったことは無いのだけど、タイでうっかり昼寝をしたらこんな不思議な夢を見てしまうのかもしれない。同じだけど違う。輪廻。
床ずれ

床ずれの感想・評価

4.9
場所も、時代も、風景も、全然違うのに、常に何か不気味な通奏低音が鳴り響いている。不思議な眼差しで、常に私たちを見守っている……。
妖しい映画ですね。現時点の好みではない。
Kimura

Kimuraの感想・評価

5.0
半分このなってる最高なやつ。好物。
齋藤亮

齋藤亮の感想・評価

4.2
アピチャッポンのなかでは一番わかりやすい構成になっている。
roland

rolandの感想・評価

-
光の裏側を提示する(それは必ずしも影ではない)。アピチャッポンの映画を観ると、いつもあの世へ近づく気がする。そのスリルを味わいたいという欲望がスクリーンへと目を向けさせる。それは結局死への欲望だ。アピチャッポン自身も幾度となく繰り返すモチーフでそれを歓迎する。映画が終わり明かりがついても僕はもう仮死状態で彷徨うことしかできないが、もしかするとすでに初めから死んでいたのかもしれず、ただ走馬灯を観に今日も家を出た。
前半と後半、ほぼ同じキャストが全く違う場所で少し違う関係性を生きることで、この世界の偶然の尊さと儚さに描いており、ガラスや鏡の反射が目立つのも多世界を象徴的に表現していて神秘的

純粋な映像の美しさもアピチャッポン作品の中でも抜群のものがあり、そのテーマ性と合わせて彼の作品で一番好きだし、オールタイムベストの一本
美脚

美脚の感想・評価

3.8
2017年5月鑑賞。
田舎と都市との繰り返しの構図。詐欺僧侶、ギター、唄、テニス、歯医者。
寄ったあと引いてくとあのおばあさんがめちゃくちゃカメラ目線なのは問題ないの??
剛

剛の感想・評価

4.0
起きてはいたものの、あらすじを説明しろと言われると全くできない不思議な映画としかいえない。ラストはある意味衝撃。
いとうせいこうさんのおすすめで、アピチャッポンオールナイトで観た。

BGMがない、声を荒らげる人もいないとても穏やかな映画だった。

この映画は何処へ向かっているのだろうと思いながらみていたら、舞台が突然都市?になってびっくり。結局この映画に何が込められているのかわからなかった。

タイの人は「精霊」という概念をもっている。『バンコクナイツ』でもその描写があったと思う。ピー信仰というらしい。アピチャッポン監督の作品は日本人がピー信仰に触れるのにとても良いと思う。
>|