もっちりん

ふるりのもっちりんのレビュー・感想・評価

ふるり(2005年製作の映画)
3.5
子供のころからの夢に破れ、日々を何となく過ごしている派遣OLの「千奈津」。そんな彼女の前に「夢を叶えてあげる」と一人の少年が現れる…という大人向けファンタジー。

「お蔵出し映画祭」で観客賞を受賞した作品ですが、なんで国内で一般上映されていなかったのか不思議なぐらいキチンとした映画です。

主人公である女性に対してイライラ、ムカムカさせられるところはありましたが、映画全体として考えるとそれもある意味この映画に必要な要素だったのかもしれません。総じて良い作品でした。

人によっては少し元気を分けてもらえるかもしれません。明日の仕事が憂鬱に感じる日にでも鑑賞してみて下さい。