イチロヲ

官能教室 愛のテクニックのイチロヲのレビュー・感想・評価

官能教室 愛のテクニック(1972年製作の映画)
4.0
悶々鬱々とした生活を送っている童貞の男子高校生(中村良二)が、憧れの女教師(田中真理)の心を射止めるべく、盲目的な暴走を繰り広げる。女とヤリたい盛りの少年が、大人たちによる性愛の在り方を諭される系統のロマンポルノ。

冒頭部、田中真理を相手にしたビザールな妄想世界がかなり笑える。高校生役の俳優がまったく高校生に見えないところや、女教師がいつもノーブラで教壇に上がっているところなど、基本的にはツッコミどころを楽しむための作品。また、セックス・シーンになると、映像に原色のフィルター処理が施されるのがツボに入る。

田中真理と関係をもつことになる中年教師(益富信孝)の立ち位置が、私が思い描いている大人の男性像に近くてホレボレする。仕事と性生活の両方が充実しており、たとえ生徒に醜態をさらしてしまっても、自然体を保ったままで教諭としての格を落とさずに事態を収束させることができる。無精髭が似合うところも羨ましい。

童貞期を長く過ごした男性ほど、骨身に染みてくる作品かも知れない。