Hero

わたしはロランスのHeroのレビュー・感想・評価

わたしはロランス(2012年製作の映画)
5.0
国語教師のロランスは、性同一性障害で身体は男、心は女。この悩みを恋人フレッドに打ち明ける。初めは理解を示さなかったフレッドだったが、彼の一番の理解者になることを決意する。そんな2人の愛の物語。

近所のツタヤに置いてない、ディスカスでもなかなかレンタルできない。わざわざ電車乗って違うツタヤへ笑。結果、ハードル上げまくりでこの点数。

音楽のセンス、美術の色使い、照明の雰囲気、スローモーション、
これを駆使した演出が創り出す圧巻のドランワールド。
観て誰の作品かわかってしまう究極のオリジナリティ。
特に素晴らしかったのが“間の取り方”。セリフとセリフの間、音楽が流れ出すタイミング。絶妙すぎて笑えてくる笑。

ちゃっかり出演してるドラン。
約1秒。巻き戻したわ笑

そしてラストシーンね、最高!
DVD買お。

男とか女とかない、性別を超えた究極の愛。すべてを捨ててでも追う価値はあるのか?

今後のドラン作品は映画館で観ると誓った笑。