わたしはロランスの作品情報・感想・評価・動画配信

わたしはロランス2012年製作の映画)

LAURENCE ANYWAYS

上映日:2013年09月07日

製作国:

上映時間:168分

4.0

あらすじ

「わたしはロランス」に投稿された感想・評価

ちっち

ちっちの感想・評価

4.4
ドランの恋愛映画はうまくいかない。

けれど燃え上がるような恋愛だってそういう結末を辿ることは多いから、私はドランがハッピーエンドのその先を描いてくれているんだと思うことにしています。

愛に性なんて関係ない。女だから、男だから、好きになるのではなくて、一人の人間として尊重し合っている二人が羨ましい。

スピードの緩急、絵画的な画面構成、選曲、ストーリー、光に透ける埃まで魅せる。ドラン監督に日頃から見えている世界の美しさに共感したい。
きいろ

きいろの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

1番切なかったのは、再会して駆け落ちしてフレッドの旦那から電話かかってきた後に2人が口論になって、ロランスが 君の望むことはなんでもしてあげたい 何が欲しいんだ、みたいなことを言うんだけど、フレッドが 男が欲しい って言うとこ、、

観終わったあとに、キャッチコピーの「愛がすべてを変えてくれたらいいのに」を知って、うわーん!となった。
Mei

Meiの感想・評価

4.5
ずっと君と踊れるよ
Shizka

Shizkaの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

すごいのは女装がしっかりと落ち着いて、最初の無理やり女性の格好をしようとしたロランスから、自分に似合った格好のロランスになったこと。たしかに女になるってついスカートを履きそうになるけど ーだってそれが手っ取り早く女性になる方法だー そうじゃあないんだよ。おしゃれするんだから綺麗でなくては。

イルデノワールでのシーンが一番強烈だった。手術をして完全に女になることがイヤだったのか? あの激情にもっと深い感情が見え隠れしている。いないと思っていたロランスに彼女がいたこと? 彼女を違うカップルを見せることで説得しようとしたこと? あのワンシーンだけで、すごく掘り下げさせる。

そういえばセックス。女になってからも彼女のそばにいたわけだが、セックスしなくなったら不満がたまるから他の男性に移ってしまうのはわからなくもないけど、再会したらセックスするんかい! それも変な話だ。女性として腰を動かすって本人も変じゃないんだろうか? 
無敵

無敵の感想・評価

5.0
黄色は激しいエゴの色
Zealot

Zealotの感想・評価

3.7
⭐︎ ドラマ/ ラブロマンス
多くの視線をくぐってスモーク音楽、ライト赤でカッコイイ。

性的マイノリティをもつ主人公。

本人と周りの性に対する受け入れ方で
戸惑いながらも家族の
愛と時間をかけて乗り越えていく
過程がリアルに描かれている。

自分らしくいる主人公がカッコイイ。
さりー

さりーの感想・評価

3.5
この監督の描写に引き込まれていく。
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
今のとこあまり相性の良くないグザヴィエドラン監督作品ですがこれは大丈夫でした!

そこまで愛し合っててもダメなもんなのね〜
シャルロットがかなり可哀想でした。




ロランスは坊主だと杉本哲太に見えて髪長くなったらシモダカゲキに見えて困ったw
見ているあいだ頭の中に「?」がたくさん浮かんだ。
外見上は男と女のカップルで、相思相愛なのに上手くいかないとはどういうことなのか。身体は男なのにこころは女ってどういうことなのか。こころは女なのに女が好きってどういうことなのか。自分が好いている人物は何者なのかというフレッドの怒りや葛藤も、自分が自分として生きようとしていることを誰にも理解してもらえないロランスの怒りも、どちらも分かるし頷ける。
お互いが正しくて、お互いに100%の愛情を持っているが故に息苦しさも100%に満ちていて、グザヴィエドランの映画ってこんなのばっかりだ。
>|