わたしはロランス(2012年製作の映画)

LAURENCE ANYWAYS

上映日:2013年09月07日

製作国:
  • カナダ
  • フランス
  • / 上映時間:168分
    監督
    グザヴィエ・ドラン
    脚本
    グザヴィエ・ドラン
    キャスト
    メルヴィル・プポー
    スザンヌ・クレマン
    ナタリー・バイ
    あらすじ
    30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを教え、女性の服装で生活すべきだと促すも、モントリオールの田舎町で生活するのは困難がつきまとう。あらゆる反対を押し切り、自分たちの迷いさえもふり切って、周囲の偏見や社会の拒否反応の中で、ふたりはお互いにとっての"スペシャル"であり続けることができるのか…?

    「わたしはロランス」に投稿された感想・レビュー

    ユキユキ
    ユキユキの感想・レビュー
    2017/01/02
    4.1
    ドラン先生、相変わらず映像と音楽の掛け合わせが素晴らしい。とにかく音楽のチョイスが素晴らしいです。女装初日のシーンなんかカッコ良くて、思わず前のめりになってしまった。

    ”愛のジレンマ”といいますか、いたってシンプルなテーマではあるけれど、その中でも一瞬一瞬、愛することの美しさを画面いっぱいに鮮やかに描いているのはドラン先生の感性が素晴らしいとしか言いようがないです。
    なんか、うん、さすがドラン先生、納得ですよね。
    xxxxxxx
    xxxxxxxの感想・レビュー
    21時間
    4.8
    記録
    hinae
    hinaeの感想・レビュー
    1日
    5.0
    映画館で見たかった映画。密度もすごい。
    naoko
    naokoの感想・レビュー
    1日
    -
    どんなに愛してても受け入れられないことあるよなあ

    愛って難しいなあ
    MAO
    MAOの感想・レビュー
    1日
    -
    変わりたいのではなくて、元の姿に戻りたい。
    クレミ
    クレミの感想・レビュー
    2日
    4.7
    400本目です 始めたころはまさかこの数になるとは思わなかったです まだまだ足りないですね頑張ります。

    魂と魂とが出会い、ぶつかり合い、理解し合い、溶け合ってしまうようなほど結びつく。人と人との関係って大なり小なり本質はそういうもので、そこには性別とか年齢とか関係ないはず。ましてや深く愛する者同士の間では。
    それでも、人間には積み上げてきた価値観というものがあって、将来どう生きていきたいか、自分に嘘をつきたくないのか、それとも人並みの幸せに囲まれていたいのか、それぞれ違ったりする。その差違から少しずつズレが生じて、互いに温めてきたものが流れ出ていってしまう。誰よりも理解し合ってるはずなのに。

    そんな関係性を、絶妙なキャラクター設定と彼らの性格や表情・仕草の作り込み、ポップで少しレトロな音楽に合わせて、苦味を感じさせつつカラフルに彩ってゆくドランの、若くも成熟したセンスと手腕にはいつも感嘆させられる。

    LGBTの人もヘテロセクシャルの人も同じ人間なんだから、最後に残るのはそういうセクシャリティから来るものなど関係なく、人間として普遍的な苦しみなのかなあと彼の作品を見るとつくづく思います。

    「明日でも、月曜でも火曜でもいつでもいいじゃない。30年も待ったんだから。」
    フレッドが見せた、レストランの店員や客たちへの激しい怒り。あの怒りと苦しみと勇気と美しさ。あの時ロランスが感じたものを、誰もが感じるべきなんだろうなあとも思うし、感じたいし、感じてほしいのかもなあ。自然と湧き上がるあの感情を観客に与えるよう運んでゆけるのがすごい。あの感覚を、私は一生忘れられないと思う。

    こんな感じで大好きな映画ではあるのですけど、いかんせんめっちゃ長いので満点にはならないかなあというね。

    ギンレイホール、LGBTオールナイト3本立ての1本目でした。
    いなも
    いなもの感想・レビュー
    3日
    -
    最後の盛り上がりというか、音楽と映像のマッチが気持ちよかった
    Shoko
    Shokoの感想・レビュー
    3日
    4.0
    「その人を一人の人間として愛する」ことってこういうことなのかなと思って見てました。

    結果の如何に関わらず、そういう体験をできた人ってきっと強いんだろうな。


    あと映像の鮮やかさにうっとりします。本当に。
    きょーこ
    きょーこの感想・レビュー
    4日
    3.8
    ドラン作品の登場人物の怒りの沸点が分からない
    mishio
    mishioの感想・レビュー
    4日
    4.8
    ドランは始まりがドラン。
    ちょっとカッコイイシーン
    あり過ぎやしないか。
    毎回思うけど、こんな映画を
    作れる20代なんて存在するのか。
    長い旅だったけど、
    とても感覚が研ぎ澄まされた感。
    mommyでも思ったけど、
    スザンヌクレマンの存在感やばい。
    画面に映る表情だけで
    惹きつけるものがある。
    怒りのシーンが好きだな。
    パーティーも好きだな。
    服が舞うシーンも好き。
    ドランの中で一番好きな作品かも。
    >|