わたしはロランス(2012年製作の映画)

LAURENCE ANYWAYS

上映日:2013年09月07日

製作国:
  • カナダ
  • フランス
  • / 上映時間:168分
    監督
    グザヴィエ・ドラン
    脚本
    グザヴィエ・ドラン
    キャスト
    メルヴィル・プポー
    スザンヌ・クレマン
    ナタリー・バイ
    あらすじ
    30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを教え、女性の服装で生活すべきだと促すも、モントリオールの田舎町で生活するのは困難がつきまとう。あらゆる反対を押し切り、自分たちの迷いさえもふり切って、周囲の偏見や社会の拒否反応の中で、ふたりはお互いにとっての"スペシャル"であり続けることができるのか…?

    「わたしはロランス」に投稿された感想・レビュー

    ユキユキ
    ユキユキの感想・レビュー
    2017/01/02
    4.1
    ドラン先生、相変わらず映像と音楽の掛け合わせが素晴らしい。とにかく音楽のチョイスが素晴らしいです。女装初日のシーンなんかカッコ良くて、思わず前のめりになってしまった。

    ”愛のジレンマ”といいますか、いたってシンプルなテーマではあるけれど、その中でも一瞬一瞬、愛することの美しさを画面いっぱいに鮮やかに描いているのはドラン先生の感性が素晴らしいとしか言いようがないです。
    なんか、うん、さすがドラン先生、納得ですよね。
    FUJIMEGU
    FUJIMEGUの感想・レビュー
    3時間
    5.0
    愛する人に対してどう向き合うべきか、葛藤するフレッドの心情が切ない。
    最後のロランスの言葉も。

    ラストシーンが印象的だった。
    Nagisa
    Nagisaの感想・レビュー
    11時間
    5.0
    もう1度観たいし、多分何回も観たい。
    Blue
    Blueの感想・レビュー
    17時間
    3.5
    記録
    ah
    ahの感想・レビュー
    18時間
    5.0
    出会ってしまった生涯の映画。
    もう何度目だろう。
    家で観て、通勤中に観て、仕事の昼休みにも観る。そして帰りにも観る。
    電車で観る、立って観る、座ってみる、堪えきれずに歩いて観る。
    いつか映画館で観たい。細切れの2時間48分を繋げたい。

    全てが愛おしい。フレッドの当惑、怒り、悲しみ。ロランスの愛、自己表現、狂おしく切ない求愛の情。
    なんて表情をするんだろう。フレッドの家の扉の前にたつロランス。瑞々しく、希望に満ちて少年?少女のような素晴らしい顔。やがて不安に曇るその影さえ美しい。

    色彩の美、エモーショナルな調べの恍惚感。そしてしごくしごく人間的なフレッドもロランスと取り巻く人々。
    フレッドの妹やロランスの母親、それから5ROSES。ベビーローズのビジュアル力。
    あげるとキリがなく、その時々によって気がつくポイントがある。

    大切な1作になった。これからも何度も観続けるだろう。
    nivnoriki
    nivnorikiの感想・レビュー
    1日
    3.2
    ロランスの人生にとって最も重要な時代、フレッドとの12年間をあまりにもリアルに、美しく切り取った今作は、グザヴィエ・ドラン監督の複雑な感情を描くドラマチックな演出や発想力、そしてリアルな視点で展開される日常のシーンの一つ一つがとても良く映えている。
    しかし3時間近い内容の今作をドラン監督の捉えて方で観ていくのは中々大変だった。
    STANDARD
    STANDARDの感想・レビュー
    1日
    5.0
    ドアを開けたら、ずぶ濡れの我が子が”男”の姿で立っていた。

    その瞬間、母親として心の底から後悔したのかもしれません。

    普段映画を観ていると、人は数時間で変われると思っちゃうんですが、実際は膨大な年月が必要なんですよね。

    ましてロランスは、決意を固めるまで30年以上の歳月をかけている訳です。

    そんな変化を、息子の”我儘”ではなく、娘の”決意”として母親は受け入れたのではないかと感じています。
    8
    8の感想・レビュー
    3日
    4.0
    何もかも発達した21世紀において、誰に教わった訳でもない"常識"に価値観を囚われ生きていくことがどういうことかを考えさせられる。しかしやはり大多数の人々はそこを飛び越え、個で考えることはできないのでしょうか。

    今回でこの監督の作品を観たのは3作目です。
    男性の体で生まれ、心は女性、恋愛対象は女性という複雑な人物ロランスを描いていますが、どんなに複雑なケースだって存在するしうるのが人間だと思います。

    ロランスはありのままに生きることを選んだ結果、教師を辞めさせられ、街では奇異の目で見られ、恋人と離れることになり、そんな時優しくしてくれるのは同じ立場の人たちでした。

    人を何かに当てはめてしか見ることのできない人たちはロランスをロランスとして見ようとしない。"男"、"女"、それ以前に"ロランス"であるのに。

    "普通"と"常識"、これらは一体なんなのか?答えを決めるのは自分自身だけなんだと教えてくれる作品です。

    「LAURENCE ANYWAYS」
    >|