わたしはロランスの作品情報・感想・評価

わたしはロランス2012年製作の映画)

LAURENCE ANYWAYS

上映日:2013年09月07日

製作国:

上映時間:168分

4.0

あらすじ

30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを…

30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを教え、女性の服装で生活すべきだと促すも、モントリオールの田舎町で生活するのは困難がつきまとう。あらゆる反対を押し切り、自分たちの迷いさえもふり切って、周囲の偏見や社会の拒否反応の中で、ふたりはお互いにとっての"スペシャル"であり続けることができるのか…?

「わたしはロランス」に投稿された感想・評価

ドラン先生、相変わらず映像と音楽の掛け合わせが素晴らしい。とにかく音楽のチョイスが素晴らしいです。女装初日のシーンなんかカッコ良くて、思わず前のめりになってしまった。

”愛のジレンマ”といいますか、いたってシンプルなテーマではあるけれど、その中でも一瞬一瞬、愛することの美しさを画面いっぱいに鮮やかに描いているのはドラン先生の感性が素晴らしいとしか言いようがないです。
なんか、うん、さすがドラン先生、納得ですよね。
印象的なシーンが本当に多い。序盤の偽りの楽しさを表現する鮮やかなディスコ、途中途中で挿入されるミュージックビデオのような心情の表現、再会を祝福するカラフルなハンカチ、2人の関係の終わりを告げる枯葉の嵐…。
大事なのは見かけじゃなく、魂で繋がれるかどうかだって事を、自分の底の底まで教えてくれる魂の作品でした。
mayu

mayuの感想・評価

5.0
Laurence Anywaysってタイトルが本当にしっくりだし、ずっしり来る どんな格好をしてたって、ロランスのウインクのカッコよさは変わらない
『この人を見よ』って言葉が劇中にも出てきたけど、”普通の人”なんていないし、どんな性質をもってても、それが”はみ出している”と形容されても、自分は自分だし、誰もその存在を否定できないんだ!!うるせー!って気持ちになった
わたしも地上に降りたくないな
Tsuchiya

Tsuchiyaの感想・評価

3.1
31年間女性として生きたかったロランスと、それでも愛したかったフレッド。

アデル、ブルーは熱い色とかリリーのすべてとかLGBTテーマの中ではダントツに重い。
ストーリーや時間は丁寧に進んでいくからこのテンポで160分は長かった。

怒ってるときフランス語って英語よりも激しいイントネーションになる気がしてそれにも少し疲れた。

でもドランの映画は台詞の言葉選びが切なくてとてもすき。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.8
辛い。
枯葉が降り落ち、涙が波の様に降り掛かる。芸術的な演出と映像と曲で二人の気持ちが伝わるようだ。

子供のように笑い合ったりいがみ合ったり。仲かいいけど彼が女にならなくても二人は終わっていた…そう思う。

本質に踏み込む事が出来れば、きっと二人で子供を育てられてたはず。
Asami

Asamiの感想・評価

4.0
心の底から苦しいけど、また観たいと思う。
たろ

たろの感想・評価

4.1
いくら映像が綺麗でも、この題材で168分はしんどいな...

LGBTの主人公と、その恋人の苦悩が濃く描かれていた
大切な人を理解したい思いと、普通の幸せを掴みたい思いとの板挟みが痛々しかった

普通と異端の区分が消滅する日は来るんだろうか
KEI

KEIの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

167分は流石に長いけど、最後の「木枯らしの中での別れから、出逢いの回想まで」の一連の流れは秀逸。
Mizuki

Mizukiの感想・評価

3.6
苦しいお話。

女性になりたかったロランスの苦しみより、
そもそも女性であり、ロランスの恋人であったフレッドの
愛する人を理解する事への葛藤の方が個人的には響いた。

理解するって事ほど難しい事はないし、
そういう意味では、
ロランスも常に自分の身体に対して理解出来ない苦しみがあったのだろうと思う。
>|