わたしはロランスの作品情報・感想・評価

わたしはロランス2012年製作の映画)

LAURENCE ANYWAYS

上映日:2013年09月07日

製作国:

上映時間:168分

4.0

あらすじ

30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを…

30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを教え、女性の服装で生活すべきだと促すも、モントリオールの田舎町で生活するのは困難がつきまとう。あらゆる反対を押し切り、自分たちの迷いさえもふり切って、周囲の偏見や社会の拒否反応の中で、ふたりはお互いにとっての"スペシャル"であり続けることができるのか…?

「わたしはロランス」に投稿された感想・評価

ドラン先生、相変わらず映像と音楽の掛け合わせが素晴らしい。とにかく音楽のチョイスが素晴らしいです。女装初日のシーンなんかカッコ良くて、思わず前のめりになってしまった。

”愛のジレンマ”といいますか、いたってシンプルなテーマではあるけれど、その中でも一瞬一瞬、愛することの美しさを画面いっぱいに鮮やかに描いているのはドラン先生の感性が素晴らしいとしか言いようがないです。
なんか、うん、さすがドラン先生、納得ですよね。
荒野

荒野の感想・評価

4.5
これもまた、ドラン監督のパワーにただただ圧倒される一本。メロドラマにこんなに殴られるというか、グサグサ来られるとは思ってなかった。人と人が何で惹かれ合うのかをこれほどの強度、説得力でもって描いてる作品はそうそうない…というか唯一無二なんじゃないか。

普通か異端かとか、男か女かとか。そうした区切りを一旦無に帰して、自分か他人か、その一点でのみ世を見つめたいと思うようになっていた。だからこそ(原題"Laurence anyways."とはズレるかもしれないけど)『わたしはロランス』なんじゃないかと勝手に納得もした。確かに、ブレイクスルーがあった。
演出がおしゃれでキレイなドラン監督映画。
トランスジェンダーだけでなく恋愛の葛藤や気持ちの矛盾もテーマ。

思い出はいつだって優しいもんです。
あ

あの感想・評価

1.0
もうこんな日はバスクリン入れたお風呂に浸かりたい
はと

はとの感想・評価

4.6
あんまりにも胸が詰まる瞬間が多すぎて、観終わった後にどっと疲れた。長いのだけれども、彼らの生きた時間の方が長くて、溜め息が出る。
喜びと怒りと哀しみと羨望と疲弊と、様々な感情に引き裂かれていく。ロランスとフレッドの話は互いが絶対に必要で、でもその二人だと不可能なところも確かで、こんなにも生きるのは難しい、それでも生きていかねばならない。
色々なリストを作りたくなった。楽しさを半減させるリストとか、楽しさを倍増させるリストとか、ね。ラストずるい。どうしたらああなるの。苦しい。大好き。
大好きな人が女になったらそう考えると私は耐えられないと思う、フレッドはロランスを受け入れようとしてもやっぱり受け入れられなくてでも嫌いになれなくてってて言う感情がもどかしい。息子よりもあなたを愛してる、彼氏にカツラを買ったことある?なんてセリフにどれだけの愛が詰まっているか。どんなセンスしてたらこんな映画がつくれるのかってぐらいやっぱりドランの色彩感覚だったり音楽のセンスが私は好きだ、鮮やかででも殺伐としてたり虚無感があったり、あとドランの映画によくある感情を荒げてめちゃくちゃに喋るシーンがやっぱり最高だった
125

125の感想・評価

3.8
お昼のシーン。
ズーーーーーーンとくる。
最後の2人がイッチバン綺麗。
フレッドのロランスとの再会の
抱きつきはもう最高でした。
がしかし、恋愛って難しいなと。

2018-45
わをん

わをんの感想・評価

4.4
映画5本分観たという感じ。
エンドロールでじわっと涙が溢れてくる。

「乗り越えられる覚悟は出来ている」
Nana

Nanaの感想・評価

5.0
映画とアートを一緒に観てるかのよう。愛に溢れた、とても琴線に触れる美しい作品でした。

これを若干24歳にして撮ったグサヴィエ・ドラン…彼の感性で世界を見られる、その時間が至福でした。
>|