わたしはロランスの作品情報・感想・評価

わたしはロランス2012年製作の映画)

LAURENCE ANYWAYS

上映日:2013年09月07日

製作国:

上映時間:168分

4.0

あらすじ

30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを…

30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを教え、女性の服装で生活すべきだと促すも、モントリオールの田舎町で生活するのは困難がつきまとう。あらゆる反対を押し切り、自分たちの迷いさえもふり切って、周囲の偏見や社会の拒否反応の中で、ふたりはお互いにとっての"スペシャル"であり続けることができるのか…?

「わたしはロランス」に投稿された感想・評価

ドラン先生、相変わらず映像と音楽の掛け合わせが素晴らしい。とにかく音楽のチョイスが素晴らしいです。女装初日のシーンなんかカッコ良くて、思わず前のめりになってしまった。

”愛のジレンマ”といいますか、いたってシンプルなテーマではあるけれど、その中でも一瞬一瞬、愛することの美しさを画面いっぱいに鮮やかに描いているのはドラン先生の感性が素晴らしいとしか言いようがないです。
なんか、うん、さすがドラン先生、納得ですよね。
ryo

ryoの感想・評価

4.0
普段観ている映画とは毛色が違いすぎてかなり見辛い。描写も抽象的で自分ではあれが何なのか全く説明できない。

トランスジェンダーがテーマの作品は、それに対する社会の冷たさが描かれがちだ。しかしこの作品はそういった典型的なものではなく、愛し合っていた二人の人間の越えることのできない障壁として描かれていたのが新鮮さを感じた。

グザヴィエドランの作品はこれで二作目だが、これからも観ていきたいと思う。しかし、体力を使うので連続で観ることはなかなか難しい……。
ドランの作品は好き嫌い別れるとよく聞くけど、私はどれも割と好きです。
Chichang

Chichangの感想・評価

3.7
ドラン作品2作目鑑賞。mommyを先に観たから、スザンヌ・クレマンの気迫溢れる演技に再び感動。そして、スティーブ役のアントワン君が幼くて可愛い。

どんなに愛していても、全ては手に入らない。お互いスペシャルで気持ちはずっと繋がっているのに、乗り越えられない境界線が常に存在する、そんなリアルな愛のかたちが描かれていた。

選曲とともに色彩感覚が素晴らしく、カットの構図とかあっと驚く心情表現が随所に散りばめられていた。
好みがキッパリ別れる映画


私はやっぱりドランの映画が好き

映画の尺を短くすることはできると思うけれど、いつもドランの映画はどこからかどうしようもなく涙が止まらなくなる

本当にこの人の描く愛の深さというか、愛の業が痛いほど胸に刺さるし、登場人物を身近に感じて痛いほど好きになる

本当に愛に溢れた映画

このレビューはネタバレを含みます


80sの衣装と色が最高!

ロランスを理解しようとするフッレドの葛藤に泣けた。こんなに人を愛せることがあるだろうか。

最後の出会いのシーンの終わり、鳥肌がたった。

好きな映画
tg

tgの感想・評価

4.5
とにかく、ロランスアリア
いまのところ、ドランで1番好き。
センセーショナルさが、映画界の波に疎い私でもビシビシと伝わってくる。

センセーショナルさは、ともすると、ゲテモノ感が1番に出て、「で、結局何が残ったの?何を残してくれるの?」というところで、拍子抜けするところもあるけれど、これに関しては「無理なものは無理!それだけ」と良くも悪くもフランクな結論がドーンとかっこよく前に出てきてスッキリした。必ずや決断の背中を押してくれる映画だと思う。

ロランスにすごく感情移入したが、相手の女性を有難いと思うと同時に、「世間体だのなんだのセクシャリティの立ち位置だとなんだのに揺れる人は、まずメンタル立て直してから土俵に立て」みたいに少し萎えたのが、現実の恋愛の心情のようで熱かった。

当時、付き合っていた彼と別れたばかりに観たが、これを別れる前に観たら何か変わっただろうかと思いながら見始め、観終わってから、「いやでも彼はやはり合わなかった終わり」と締めくくれたので助かりました。ありがとうございます。
おゆき

おゆきの感想・評価

3.5
30代半ばで初めて自分がセクシャルマイノリティーであることを明かした男と、その恋人である女の話。

男は、女になりたい(男が好きなわけではない)。メイクもしたいしスカートやハイヒールも履きたい。だけど仕事や恋人を失ったり、周りから非難や嘲笑をされたりするのが怖い。

女は、そんな彼を受け入れたい。セクシャルマイノリティーと知っても彼を愛しているし、離れたくない。彼が女として新たなスタートをきることを応援したい。だけど家族からは反対され、デート先では外野から好奇の視線を浴びせられ、「普通の幸せ」が羨ましくなる。

そもそも普通って何?


‥というような、けっこう複雑な話。

そういう複雑な感情が非常にリアルに描かれていると思う。どうすれば大団円になれたのか、ぜんぜんわからなくて、切ない
K2

K2の感想・評価

4.7
"LAURENCE ANYWAYS"

今の自分と同い年でこの作品作ったと思うとため息しかでない。バチバチなBGMキメてきて、「今日がXデーか」からルイ16世の引用の流れは完璧すぎて鼻水吹き出た。

フランスでもLGBTQがまだ浸透しきっていない80s後期頃の服装、特に色合いが最高で更に精神的な性が女性だけど性の対象も女性という設定の妙が光る。

ドランが描く母親をはじめとした強い女性との関係性は本当にグッとくるものがある。尺長くて若干たるむけど話の切れ目が分かりやすくて怒涛のように喜怒哀楽が渦巻く力のおかげで見やすい。

若きアントワンオリヴィエピロン超かわいい。

全く関係ないけど引用があった(聖書の方かもしれないけど)ニーチェの『この人を見よ』は本当に爆笑が止まらない名著だから必読。
>|