わたしはロランスの作品情報・感想・評価

わたしはロランス2012年製作の映画)

LAURENCE ANYWAYS

上映日:2013年09月07日

製作国:

上映時間:168分

4.0

あらすじ

30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを…

30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを教え、女性の服装で生活すべきだと促すも、モントリオールの田舎町で生活するのは困難がつきまとう。あらゆる反対を押し切り、自分たちの迷いさえもふり切って、周囲の偏見や社会の拒否反応の中で、ふたりはお互いにとっての"スペシャル"であり続けることができるのか…?

「わたしはロランス」に投稿された感想・評価

ドラン先生、相変わらず映像と音楽の掛け合わせが素晴らしい。とにかく音楽のチョイスが素晴らしいです。女装初日のシーンなんかカッコ良くて、思わず前のめりになってしまった。

”愛のジレンマ”といいますか、いたってシンプルなテーマではあるけれど、その中でも一瞬一瞬、愛することの美しさを画面いっぱいに鮮やかに描いているのはドラン先生の感性が素晴らしいとしか言いようがないです。
なんか、うん、さすがドラン先生、納得ですよね。
生

生の感想・評価

5.0
鳥肌立った
グザヴィエドランの傑作ではなかろうか
たかが世界の終わり見るよりこっちみた方がいいと思うよ

映像が美しい。序盤のフレッドの服、髪、背景の赤がきれいでした

マイマザーの先生役、スザンヌクレマンきになってたけどちょい役だったがこの作品で堪能できる。
YukiYamada

YukiYamadaの感想・評価

3.6
グザヴィェ・ドランの映画にはストーリーがないのかもしれないと感じた。全てが純然たるドラマ。「関係性に時間が引っ張られている。」
それが他の映画とは一線を画すところなのではないだろうか。そして、その形態は私にとっては膨大な情報過多となって、困惑させる。

私はもともとキャラクターの状況や相関関係を把握するのがすごく苦手なので話を見失うし、特にこの監督はレイアウトで説明しようという気もあんまりないから、より私にとっては難解に感じられるのだ。本当は、難しいこと全然言ってないんだけどね。
映画を見ているとヘビーな人付き合いさせられてる気分になってくるので、見ていて非常に精神力を削がれるのだ。ドランの映画は、劇中で展開される人間関係に観客をなんのフィルターも通さずにぶち込むという魔力を秘めている。

彼の撮り方というのはクールに見えて、実はそれは本人のナルシズムに基づくクールさでしかない。結局、象徴的なカットというのも登場人物の主観による感性のカットが多いのではないだろうか。状況を説明する気がさらさらない。一定水準以上の映像美を達成する実力は持っていながら、その実、ぜんぜんフォトジェニックではない。たとえばニコラス・ウィンディング・レフンなどとは画に対する意識がまったく違うのである。

被写体との距離感やレンズの選択、執拗なまでの登場人物の顔への肉薄、移動ショットやフォロー、などを見ていると、その瞬間へのスクリーンへの埋没に神経が注がれていると言っても過言ではあるまい。
(そういう意味ではトム・アット・ザ・ファームは見やすかった。登場人物も少ないし、まだ非現実感もちょっとあったし。)
そういう意味では、余計な人間関係を良くも悪くも楽しむ余裕がないと味わうことのできない贅沢な映画だと言えると思う。

本作の主題などは敢えて触れるまでもないが、私はもうちょっと客観的な立場から映画に参加したいなと感じた。なぜかTVアニメーション「ユリ熊嵐」を思い出したが、私はユリ熊の方が圧倒的に、好みである。
srt

srtの感想・評価

3.2
個人的に、ドランは自身が演じるもののほうがまとまりが良い気がする。
初めて女性の姿で学校の廊下を歩くシーンが勇ましくて曲も好き。
恋人や結婚相手がいる男性の変身というところで、近年ではリリーが同じ香り。
7

7の感想・評価

3.9
ラストすき
重め。。。
ゆり

ゆりの感想・評価

3.5
繰り返し
エリ

エリの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

とっても仲のいい恋人同士のロランスとフレッド。しかし、ロランスが「女性になりたい」と打ち明けたことをきっかけに、関係が崩れはじめる。
劇中、二人の様々な選択は間違ってなくて、お互いただ愛する人を失いたくなかっただけなのだろう。二人が違った点は、ロランスは自分に素直になる生き方を選び、フレッドは世間体を気にして自分を偽ることを選んだ。二人の苦しみが描かれてたけど、フレッドの方が辛そうに見えたのはそうだからかな。愛しているのに全てを受け入れられない辛さ。「息子以上に愛してる」って口論のときにフレッドが言うシーンは何よりの本心。ここで泣いてしまいました。
そして最後の最後に二人の出会いをもってくるとはニクい演出!この出会いがとても素敵な分、見終わったあと切なくなる。またこの監督の違う作品も観てみたい。
いきなりトランスジェンダーをカミングアウトしたロランス(メルヴィル・プポー)に振り回されるフレッド(スザンヌ・クレマン)が気の毒。ロランスが自分の生き方も愛する女性との関わりも捨てたくないっていうのは、ただの自己チューの我が儘のような気がして仕方なかった。フレッドと一緒の時間は楽しそうだけど、彼女に対する配慮が足りないなぁ...って思いました。
それに分かっていたなら、もっと早く行動に移せば良かったのに...
母親(ナタリー・パイ)がカミングアウトしたロランスを受け入れるところ、この親子の関係は良かったです。

服が降ってくるシーンはなかなか素敵でした。この監督、毎回、驚かせてくれますね。色の扱い方が上手です。フレッドの髪の毛の色も素敵で印象的でした。綺麗な映画ですね。

そして出会いのシーン、切なくて、ヤバ過ぎでした。ここでそれ見せるか~ってなりました。

やはりドラン監督、ただ者ではありません。
人を殺さずにfinまで辿り着けた忍耐強い作品。豪奢な調度品や鮮烈な色使いなど華麗な背景を随所に入れたり、非現実的な抽象表現をちょいちょい差し込んでくるセンスは僕は好み。時が経つと後悔がつのり、未練は愛に戻る気がするのに、再会すれば、現実が全てを壊してしまう。駆け落ちをシャルロットが見送るシーンで終わっても良かったような気もしたが、二人は幸せになってはいけなかったということ。
>|