わたしはロランスの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

わたしはロランス2012年製作の映画)

Laurence Anyways

上映日:2013年09月07日

製作国:

上映時間:168分

ジャンル:

あらすじ

「わたしはロランス」に投稿された感想・評価

あかね

あかねの感想・評価

5.0
今回は、テンション高めではちょっと
書けないくらいの魔物的映画に出会いました。
終わってすぐ、放心状態になりかけて
直ぐに彼氏にLINEをしてしのぎました...(´•ω•̥`)
なんか、レビュー書くにもお腹が
痛くなってきて魔物が...

。:.゚ஐ⋆*ストーリー。:.゚ஐ⋆*
女性になりたいと思い続けた
主人公が偏見にあいながらも
願望を叶え恋人である女性と
過ごす葛藤と愛の日々を描く
人間ドラマ。

なんか愛ってなんだろうな?
愛に迷走中の私は、これでもかと
食らう作品でした。

これを作り上げた時23歳!?
なんかそれだけで今回は失神です。


どんなに愛しあっていても
私は理解してると思っていても
壁?みたいなものはあるんだなって
自分が知らない彼がいて..


愛することだけでは埋められないものに
妥協は出来ない。
この意味が私には途中から
辛すぎて辛すぎて..
私には分かりたいような分かりたくない
気持ち。この気持ちに行き場がなくて..


ラスト10分は、観るもの全ての心を
全てのシーンに演出に
持ってかれます。


木の葉が舞う中に飛び出す別々な2人。
そして、ラストのまだ初々しさ
残る2人。


あなたを好きなまま消えていく。
私にとって初めてみる苦い美しさ。

突っ掛かりがなくなり
色んな感情が一気に爆発するん
じゃなく見事に溶け合う。

主人公と一緒に扉を開けた時
あぁこの愛に間違いなど一度もなかったんだと
彼氏を想いながらわたしも
今号泣しながらレビュー書いてます。

一度きりのスペシャルな愛。
今しかない共感大でした。


映像と音楽のセンスは、噂通り。
観る者を魅了する世界観。
これは、もう言うまでもないって
感じです。:.゚ஐ⋆*
あのファンタスティックな
世界に酔いしれます。


三時間と長いですが..
この世界に引きずりこまれた私は
まだ抜け出せそうにないです。
素晴らしい作品でした。
tomo

tomoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ロランスが後悔してないことで先はないと気づいたフレッドが逃げ、ロランスはそれがわかって何も言わずに店を出るシーンが何とも言えず寂しかった。
葉っぱの舞うシーンは逃避行の洗濯物と重なって色合いもそれぞれの場面の心理を表してるみたい。
ロランスは堕胎を告白されたシーンからフレッドへ執着が無くなったようだけどそれは勝手におろしたことへの呆れか、相談してこなかった事への悲しみかそのほかなのかわからない。
でもこの場面からだと思う。
そのあとのロランスは本も出して女性として充実してきた事で地上になんか降りないという。
フレッドはこの直前まで期待していたのだと思う。
最後に出会いを持ってきたのも良かったな。
ウィンクで始まりウィンクで終わった恋。
最高だった。
ドランはなかなか肝心なとこを映さない。焦ったいんだけど、観てたらちゃんと答えをくれる。

とにかく、ロランスだ。
So

Soの感想・評価

3.6
Xavie Dolan凄すぎる〜
ゆーみ

ゆーみの感想・評価

3.7
合う合わないがあるかもしれない

わかりやすいストーリー展開があるわけではなく、映画普段観ない人は途中で飽きそうかなと

男として生きることに疑問を覚えるけど
彼女のことは愛してる
LGBTの奥深さを学べる
ぱ

ぱの感想・評価

-
ロランスが初めて女としての服装で出勤

「反乱か?」

「いいえ陛下、革命です」(これまた耳元で囁くっていう粋な感じ)

静かにかつ相手を傷つけることなくユニークにぶった切ってる

からの音楽ボリュームあがって"俺のミドルネームは大胆不敵"とかいっちゃっててこんなかっこいいことある?

まじで圧倒的にここが1番好きでした
加藤生

加藤生の感想・評価

4.6
色々見てみて好きかどうか分からなかったんだけど、わかってよかったドラン好き
philia

philiaの感想・評価

4.2
長いけど好き。

一人一人を同じアングルで撮ったり、シンメトリーな風景だったり、全編通しての印象的な色使いはアートの様で脳を刺激する映画だった。

主役の2人のどちらにも感情移入出来てしまう映画は今までありそうであまり無かった気がする。

だからこそラストの方の風船のシーンは色んな感情がバーン!ってなった。

「リリーのすべて」同様のテーマだから女の私はやはり複雑な気持ちになるシーンもあるのだけど、最終的には(私もこれくらい人と絆を持ちたい)という羨ましい気持ちだった。
あぱ

あぱの感想・評価

3.7
いいなぁ、、
onatsu

onatsuの感想・評価

4.9
映像も言葉も音楽もファッションも何かもが鮮明に頭の中に残る。大量の滝に打たれるシーン。青空の下、色とりどりの洋服が降ってくるシーン。沢山の落ち葉に包まれながら別々の道を歩き出すシーン。どこをとっても美しく綺麗だ。2人が初めて出会った頃の初々しくて甘酸っぱいような出会いのシーンは涙がでた。強くたくましく、そして美しいロランス。情熱的で繊細で花が咲くような素敵な笑顔のフレディ。2人の愛に魅せられました。
Saaaae

Saaaaeの感想・評価

5.0
200作目🎉
大好きなグザヴィエ作品。
カット、音楽、衣装、配色、セリフ、全てが刺さる。
余韻の嵐でずっと音楽聴いてる。
理想と世間体、自分自身さえわからなくなる感じ。色々な背景がありつつも、とっても不器用でピュアな恋愛のお話。
"代理の先生じゃわからなかった"からのmoistureがかかってのランウェイ風演出、口から蝶がでていく演出が大好きすぎる…。

Avoir des papillons dans le ventreという言葉があるが、上記のような恋愛感情が一転、一気に凍てついて放心してしまった様を蝶が出ていく様=あまりのショックに恋愛感情を中心とする感情の喪失 を表現しているのかな、、、と。
色々考える余地があって本当に面白い。

他にも洗濯物で起こすことが示す無償の愛の暗喩からの、空から降るカラフルな洋服たちでわかる最高潮の多幸感。対して滝のような水に打たれるシーン、落葉に包まれるシーン、、直接的だが比喩的な映像美がすごい。一つ一つの意味を考えていくと胸が締め付けられる。

そしてなんと言ってもメルヴィルプポーが本当に素晴らしい。
あと、一瞬登場するドランのカッコよさ…笑
何回でも見返したい作品の一つ。本当に大好き。
>|