わたしはロランスの作品情報・感想・評価

わたしはロランス2012年製作の映画)

LAURENCE ANYWAYS

上映日:2013年09月07日

製作国:

上映時間:168分

4.0

あらすじ

「わたしはロランス」に投稿された感想・評価

『わたしはロランス』
あかし

あかしの感想・評価

3.5
あな番的に言うと動物的に好き。本能的に好き。そんな人に出会えるなんて幸せなこと。。。
Kotoha

Kotohaの感想・評価

4.0
中盤くらいまで人を真正面から撮るカットが多くて、それが好きだった。
人として愛してることと、恋人に対しての好きと、家庭に対する愛情って全部違うし、誰か1人に対して一度にそれらを網羅してる瞬間は滅多にないし、時の流れで変わって行ったり、それぞれに当てはまる人たちが別々にいたりするよね。全部そのまま大切にしたいって思うけど、なかなかそうはいかない。自分も相手も体は1つしかないし、時間は流れるし。自分の気持ちや世間の価値観が追いついてこないこともたくさんある。

人生まだまだこれからだって思った。
こんなの作れるの凄すぎる
わたしは今の時代に生きていて良かったと思った。都市部と田舎ではまた違うかもしれないが、トランスジェンダー(LGBTQ)に対する理解はこの映画の時代に比べて深まっている。人は自分と違うものを好奇な目で見てしまうけど、当事者にしたらそれは「当たり前」のことなんだよね。そんな目で見られたくないよね。
フレッドがカフェで店員に激しく怒りをぶつけた時は涙が出た。
フランス映画ってどうしてこうも心をえぐるのが上手なんだろう。
『Laurence anyways』終わり方。もう胸が痛い。
土曜のランチのシーンのフレッドに感動して泣いてしまった…
本当にロランスのことが好きで、でも辛いのだなあ…
ここまで人のこと好きになることがあるだろうか
秋桜

秋桜の感想・評価

-
映像が素晴らしかった。
それに寄り添う話も、残酷ながら
美しく見えて。
自分らしく生きる という選択。
難しいけど、すべての人にそう生きて欲しい。そう生きる人たちに優しい世界であって欲しい。
KWZEFMK

KWZEFMKの感想・評価

4.7
1.レストランで女装のロランスに絡んできたウェイトレスのおばちゃんに、フレッドが怒りをぶちまけるシーン。
罵詈雑言を吐きながらも、その実、内容は全てロランスへの愛の言葉。呼吸を忘れるほど美しいシーンだと思った。

2.ロランスとママのランチ。
ママは母親じゃなかった、というロランスに対し、あなたは息子じゃなかった、とママ。なんたる皮肉、なんたる事実。

3.思い合いながらも敢えてすれ違い続ける2人が、数年ぶりにバーで落ち合う。お互いに相手を置き去りにし、何度も後ろを振り返りながら店を後にする。振り返ってるその先でまた出会いそうな雰囲気で終わるあの間合いがたまらない。


以上、好きな点3つ。
qh

qhの感想・評価

5.0
1000000点
すぐれた芸術の持つ普遍性と、ふつうなんてないんだよの気持ちと
もえぎ

もえぎの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

2012年時点、グザヴィエ・ドラン監督が24歳って..間違えてない?
本当?42歳じゃない?

この映画、あまりにもリアルで、もし自分の旦那が 女性になりたい と言ったら..と考えてしまった。

同じように性同一性障害、女装などを描いた リリーのすべて や、同性愛を描く キャロル なんかは、比較的理解できたし、映画 を観ている感覚があった。

カミング・アウトした後のフレッド(彼女)の困惑ぶりや、メイクを施すロランス(彼)を見ている時の戸惑い、ウィッグを買って応援するものの、耐え切れなかったり。
心の中を無言で伝える演技がただただ素晴らしい。

ロランスがどんどん美しくなっていくのに自分(女性)を愛していることを受け入れるのは辛かっただろうな..

ロランスは最初、髪も短いし髭も濃くて、大柄だし痩せているけれど筋肉質なので、本当の自分(女装)で現れた時の生徒の反応が素直でリアルだった。


すれ違い、別れを選ぶ2人だけど、お互いに忘れられないまま長い月日を過ごし..
新たなパートナーが出来た後にロランスが作ったきっかけを元に再会してしまう。

この再会するきっかけが一歩間違えたら通報案件なんだけど、とにかくふんだんに使われた色と、写真集のような描写が 愛 を表現しているようで、、。

と思ったら喧嘩してまた別れて、また再会して、やっぱりお互いが必要なんだなぁって思ったらまた喧嘩になって離れて。

でも愛し合っているのがわかる。
無い物ねだりやただ寂しいから..とも違う求め合い。

最終的には違う道を行くのか..と寂しく感じるものの、かなりしぶとく心に残った作品。
ringo

ringoの感想・評価

3.3
マミーが最高すぎてドラン作品って事で期待しすぎてしまった…
こちらは登場人物多いのと、気持ちの移り変わり激しいのと、時系列と気持ちがついていけなくてあまり深く理解できない部分もあり。。。

でも相手が男だろうと女だろうと人を愛する気持ちは美しいです。
ちょっとぶっ飛んでますけどみなさん。
後悔はしてない、ってセリフはまだ気持ちが終わってないって意味だよね?言い争っても別れても。

フレッドがレストランのおばちゃんにキレまくるシーンと、カラフルな衣装が舞うシーンは大好き。
ラストシーンも美しい。
>|