kaoripeace

ウォッチメンのkaoripeaceのレビュー・感想・評価

ウォッチメン(2009年製作の映画)
3.6
原作に忠実なところにまず驚いた。
コミックが動いてるような感覚になるほど。
内容はとてもシリアスで大人向け。
さすがDCコミック。

ニクソンや冷戦時代など現実の世界にヒーローは存在する。
ヒーローといってもスパイディやスーパーマンのように特殊能力はない。
至って普通の人々。
だが世間はヒーローに恐れをなし社会からも排除されていくわけです。

普通の人々といっても一人異彩を放つ人物がいます。
Drマンハッタン。
全身真っ青素っ裸の粒子の集合体。
彼のストーリーが原作からも好きでした。
人間としての心を忘れていく中で、最後に一番理性ある判断をするわけです。
でもそれが本当に正しいことなのか。
正義とはなにか。
平和とはなにか。
ヒーローとはなにか。
これはただのコミック映画ではない。
人に問いただす一作でございました。