すずきけいた

東京大学物語のすずきけいたのネタバレレビュー・内容・結末

東京大学物語(2006年製作の映画)
2.6

このレビューはネタバレを含みます

村上くん最低!

途中までの話は思いのほか楽しめた。
雪が肩と頭に積もっていくシーンが特につらかった。一歩間違えたら怖いストーカー女だけど、そこは純粋で切なく描かれていて良かった。

ラストは最悪、って思ったら妄想かよ。
って思ったら漫画の構想かよ。
って思ったら監督のナルシシズム映画かよ。
っていう最悪より残念な終わり方だった。

江川監督がもっと謙虚な人物だったら、漫画や脚本や監督と、やりたいことをやっていてすごく尊敬できる。