FREDDY

東京大学物語のFREDDYのネタバレレビュー・内容・結末

東京大学物語(2006年製作の映画)
1.4

このレビューはネタバレを含みます

人気漫画家・江川達也の代表作として知られる同名コミックを、江川自身が初メガホンを取って実写映画化した青春ラブコメディ作品ということで。

印象としては、可もなく不可もなくといったところですかね。原作は未読などで比較は出来ませんが、物語は決して悪くはないですし、キャスト陣の演技はやや大味なところはあるが作品の評価を下げるようなものでもない。そして、原作を読んでからの視聴だと、"配役が合っていない"などといったありきたりな声は上がりそうだが、実写映画のあるあるですし、とくに気にするような事ではないのかもしれませんね。

ただ、唯一気になったのは、江川達也本人が登場してからのシーンがどうも微妙。重要なシーンであることは理解できるのだが、伝えたいことが視聴者に素直に届かないといったところで、正直に言ってしまえば、なくても良いかと。本作は暇つぶし程度に観るくらいが丁度良い作品ですね。