ragii

エンダーのゲームのragiiのレビュー・感想・評価

エンダーのゲーム(2013年製作の映画)
3.6
これぞSFってゆう王道作品です。

非常に優秀な少年が、地球を救う為の艦隊を率いる指揮官に成長していく物語ですが、

この指揮官像が優れているってことで、原作はアメリカ海兵隊の推薦図書に選ばれているんだとか。

確かに指揮官とは何か?ってことに関してよく描かれていて、
観ていて優秀な指揮官ってゆうのはこうゆうものなんだと思わされます。

展開もワクワクする内容で、
ゲームを使った訓練や評価、心理テストなど、対象が子供ならではのもので、ゲームをしたことがある世代の人にはしっくりきますし、感情移入もしやすい内容で、映像的にもリアル版テレビゲームみたいで迫力があって見応えがあります。

ただ、衝撃のラストだけはけっこう予想つくものなので、それほどの衝撃があるわけではありません。

ゲームを主軸にして、考えさせられる良質のSF映画です。