サロン・キティの作品情報・感想・評価

サロン・キティ1976年製作の映画)

Salon Kitty

製作国:

上映時間:112分

3.1

「サロン・キティ」に投稿された感想・評価

調べたらCS版はかなりカットがあった模様。
ここの不思議な繋ぎ何だ?ってところはカットだったのかな。
喋ってるのに字幕がついてないシーンも多々。

エロと諜報、退廃さも感じる。
プライド高き娼館の女主人。
信念を持つ女諜報員。
秘密を抱えた男たち。
破滅。
愛は厄介。
死と隣り合わせの時代。

裸多めだけど、なかなか渋い映画。

ただし、今回観たのはCSで放送された多分大幅にカットされたバージョン。フルで観たらかなりドギツイらしい。どうせならフルで観ておけばよかった。
IユRA

IユRAの感想・評価

-
借りたときが1番テンションあがりました。なぜ女性の体は無修正で男性の裸には靄がかかっているのか。男女平等を訴えるためにわたしはとある団体の座談会に参加することにしました。(嘘) 週末の開放感を満喫したかったのに、エロ度も変態度も低めでちと残念でした。
Ukosaaan

Ukosaaanの感想・評価

3.3
実在したといわれる娼館サロン・キティ。
設定は良いですドキドキします。
ドイツ中から才色兼備な女性を集め、エロオーディションなるものを経て20人に絞り、兵士や将校の相手をさせる。権力さえあれば何でもやったる精神のエロ部門をミュージカルも交えてどうぞ!どや!からのナチズム批判。
尺の6割がみんな全裸。見せすぎるとエロさはなくなるものですね。
個室の盗聴はただ聴きたかっただけに1票。
Cem

Cemの感想・評価

3.7
ティナ・オーモンの裸を勝手に期待してたら
1分ぐらいしか出ないし脱がなかったのでガッカリ😨

高級サロンって今で言う吉原の高級ソープランド的なところなのかな?
ドイツの歴史は詳しくないので、ストーリーはどうでも良くなり芸術的エロな映像に釘付け★
歌やダンスのエロ華やかなショーやたくさんの裸、音楽も良かった
ただ雑なボカシに萎えたw

後半が特に面白かった

沢山のクローゼットと大きな鏡のドレッサー、無機質な真っ白な部屋がオシャレ✨ここに住みたい!
McQ

McQの感想・評価

3.5
「地獄に堕ちた〜」に取り憑かれたマニアがポルノ化したのかと思いきや、、1930〜1940年代にかけてドイツに実在した高級娼館「サロンキティ」を舞台とし、そこで起きた尋常ではない出来事を事実に基づいて描かれたものであった。

日本での劇場公開時の邦題は「ナチ女秘密警察 SEX親衛隊」

グロテスクな映像と不快なエロス。(グロは最初のアレだけ、、)

これをポルノ目線で観るというのは悪趣味極まりない。

ヘルムート・バーガー氏のカリスマ度は激減。チューリン嬢に至っては化け物のような風貌に、、

後半かなりダレるもラストシーンには目を奪われた。
TV放映なので、当然エログロ大幅カットにボカシまくり。

またイタリア語吹き替えで、口が合ってない。

「地獄に堕ちた勇者ども」を意識しているが、トホホな感じ。

役者の無駄遣いだな~。

冒頭、歌って踊るイングリッド・チューリンの“あしゅら男爵”と、終盤のありえない軍服ファッションのヘルムート・バーガーに笑った。

まぁ、バーガー氏の冷たい美貌が拝めただけで満足😅
FF

FFの感想・評価

2.4
You must laugh and sing if you want to conquer the world.
明日5月29日はヴィスコンティ監督が晩年、寵愛した俳優ヘルムート・バーガーの74歳のお誕生日。

ナチスとデカダンの名作『地獄に堕ちた勇者ども』で一躍スターダムに駆け上がったバーガー氏は
ヴィスコンティの死後、再び本作『サロン・キティ』でエログロ度強めなナチス親衛隊の男を演じます。

ちなみに日本劇場公開時のタイトルは『ナチ女秘密警察 SEX親衛隊』

監督はイタリアのポルノ映画界を牽引するティント・ブラスで、
『地獄に堕ちた勇者ども』でバーガーと共演した女優イングリッド・チューリンもキティ夫人役で出演。

ヒトラーが唱えたアーリア人至上主義に則り、アーリア人女性だけの娼館を創設する将校をバーガー、その経営者をチューリンが演じます。

実在した高級娼館SALON KITTYではあらゆる性技を教え込まれた女性たちが国家社会主義の名の元に奉仕し、
その裏で諜報活動を行う過程を退廃的な雰囲気で描破していきます。

政治利用にまったく気づいていないキティ夫人、美しき娼婦マルガリータに心を乱されるバレンベルグ将校、そしてマルガリータの純愛を追うことで物語は女たちの復讐へと発展。

SSのあらゆるコスチュームをビシッと着こなしちゃうバーガーの美しさよ。
横綱の『地獄に堕ちた勇者ども』よりも、関脇の『愛の嵐』よりも、
小結の『サロン・キティ』でしか味わえないエログロはダントツの猥雑さ。
竹

竹の感想・評価

3.1
ストーリー追わずに画面と音楽見てた。ちょいちょい良いシーンある
>|