マキネスタ

ヴァイブレータのマキネスタのレビュー・感想・評価

ヴァイブレータ(2003年製作の映画)
3.9
ロードムービーっぽいが肉体関係や嘔吐といったどちらかというと爽やかな感じではないシーンでこの映画は形作られている
タイトルがヴァイブレータというだけあって男女の出会いの心の"震え"、そしてトラックのアイドリングの"振動"の中で少しずつ愛を確かめる2人が描かれる
玲の脳内で聴こえる"声"と本心の表現の違いは印象が大きかった

寺島しのぶの出世作、大森南朋の金髪も似合ってました