ヴァイブレータの作品情報・感想・評価

「ヴァイブレータ」に投稿された感想・評価

yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.3
メンヘラ女とチンピラトラック野郎がどうなるのかと思ったら。切なくてあったかくて良かった。白馬ならぬ4tトラックに乗った王子様現る。本来 ドン引きされて放り出されるだろうところを 優しく包む男気に感心した。ラストでの2人の顔が 実にいい。
i

iの感想・評価

3.2
定食屋でのシーンが好きです
Tazawa

Tazawaの感想・評価

3.6
トラックの旅は曖昧で謎めいていて夢っぽかった。でも単なる夢物語ではなくて、ふとした時に現実の苦しみやら辛さやら負の部分が出てきてどうしようもなくなっちゃう感じがなんか良かった。最後の終わり方も良かった。でも観終わった後何とも言えない気持ちになる。
yukichi

yukichiの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます


はっぴいえんどなしあわせをぼくはゆめみたのでした。

古惚けて黄蝕んだ心は
汚れた雪の上に落ちて
道の端の塵と混じる
何もかも嫌になり
自分さえ汚れた雪のなかに消えて
泥濘になればいい
車がはしる白いものは雪
人があるく
雪は白い
都市の裏の吹き溜まり
其の時ぼくは見たんだ
もっと深く韻く
何かを黙りこくった雪が落ちる
都市に積もる雪なんか汚れて当たり前
という
そんな馬鹿な
誰が汚した


はっぴいえんどなしあせをぼくはゆめみたのでした。

おわりがあるのでした。

さよならがあるのでした。

しってること
ずん

ずんの感想・評価

4.5
最近、無くなってしまってる気がしてた感情や想いがむきだしで溢れた!!
涙が止まらない!!
好きって言いたいし、言われたい!!
触れたいし、触れられたい!!
生きてるし、生きていたい!!
cha

chaの感想・評価

4.5
心を震わすような気持ち

それも誰かを思ったり、思われたりしたいんだと思う。

誰かと会って肌を重ねて、ぬくもりを感じることもあるけれど、それは本当の意味では心から満たされない。けれど、「本当」を求めすぎると、自分に厳しくなってしまうから、「道連れ」にして甘えてもいいの。

彼女は子供のように彼にお風呂で身を委ねる時「おかあさん」と心の中でつぶやく。
それがすごい、、、何というか涙が出てしまった。

人間は、強い/弱いの2択で決めつけるほど簡単じゃ無いことも私が理解しているからこそ、深みのある映画と思えた。
タ

タの感想・評価

3.8
湿度 音 欲求
雪が降っていたけど寒さを全く感じない
大森南朋のトラックの運ちゃんの佇まいがどストライククリティカルヒットしまして。
ご飯茶碗に三杯イケ・・いや、およだが茶碗に三倍くらい出ました。
トラック内という密室で・・な、なんて羨ましいんだっ!
これはモテないおばさんのただの妄想なんじゃ…?
って思うくらい大森南朋のキャラクターがエロい、かわいい。

というわけでスコアの3.5中3.3くらいは大森南朋が占めてます。
のこり0.2は結末の潔さです。

2000年代前半特有のかゆい感じ(謎のポエム的テロップとか)と余計な設定&演出がなければもっと好きな映画。
主人公のメンヘラ設定も2000年っぽいんだけど今見るとウザみでしかない。(この時代確かに摂食障害とかリストカットとかよく聞いたかも)
主人公と私の年齢近いし、独り身の寂しさみたいなのも分かるんですが共感できるところが少なすぎる。
せっかく大森南朋と密室でいやらしいことできるんだからもっと楽しそうな顔しろよーー!と心の中で叫んでました。

「人生を変える性的な自己に目覚めていく」ってNetflixの説明を見て、(しかも女優が寺島しのぶだし)エロに対する期待値を上げすぎました。蓋を開けたら最初のカーセックスシーンが盛り上がり的にはピークで、あとは割と穏やかなロードムービーでした。

あと一点、リアルさに欠けていたのは寺島しのぶの下着です。
ホワイトデーの夜中にコンビニに買い出し行く女は上下パープルのレーシィな下着つけてません。しかもキャミソールまでおそろのデザインだし。
そこは色の違うブラにユニクロのシームレスパンツだろがい!!(あ、当時は無いか。)

夜中に鑑賞したため定食屋のシーンですごいお腹すきました。
あと、今日からトラックの運ちゃんをエロい目でしか見れなくなりそうです。
tiga

tigaの感想・評価

3.8
廣木監督は男女を描くと、いやらしさとかではない生々しい熱い感じが伝わってきます。特にこの映画は半端なかった。寺島しのぶも大森南朋も、フェロモン凄すぎて面喰らう。バスタブのシーン、泣けた、、。女が欲しい男の抱擁、まさにコレ!!
>|