まさなつ

神さまがくれた娘のまさなつのレビュー・感想・評価

神さまがくれた娘(2011年製作の映画)
3.9
いや〜もうベタベタなんですが、泣きましたよー泣きましたとも!

6歳児の心を持った知的障害者の父親と5歳の娘。インドでは知的障害者は子供を育ててはいけないという法律があるらしい?

それだけで、だいたい想像できる話。

前半は、父親と娘の日常生活が延々と続き、ちょっと飽きますが、二人のやりとりがとにかく愛情溢れるシーンの連続で微笑ましい。

裁判のシーンは、サスペンスではないので、ちょっと間抜けというか、ゆる〜い感じで、これまた延々と続く。でもね、最後がいいんですよ。まあ、ベタですけどね、泣けます😢

そして、さらにラストでとどめの一撃!もう、号泣ですわー😭

娘の子役がとにかく可愛い。インド映画らしい集団演舞はないですが、歌はふんだんにあります。

Filmarksでは上映時間がなぜか105分になってますが、私が観たのは150分以上ありました?