まぁ

RAFTのまぁのレビュー・感想・評価

RAFT(2010年製作の映画)
3.5
「一つの(自分なりの)区切り」「心の整理」が出来たのかな…という終わり方…(涙)

何故、木を切っているのか?
何故、ドラム缶を運んでいるのか?
何故、イカダを作っているのか?

…最初は分からなかったけれど…
物語の進みとともに…
「過去の出来事」が分かり…

「後悔」「喪失感」…でも…「希望」を
感じる…

重たい内容だけれど…私の心に…グッときた…(涙)

主演2人の「心の内」…伝わってきた…(涙)
…松岡茉優の抑えた演技も…良かった…*

「若手映画作家育成プロジェクトシリーズ1」より…☆