Kana

タイピスト!のKanaのレビュー・感想・評価

タイピスト!(2012年製作の映画)
2.0
何の取り柄もないとバカにされてきた女の子が、あるきっかけでタイピング大会の世界一を目指すことになる異色シンデレラストーリー。
タイピングがそんなに女性の憧れだったとはびっくり。
ストーリーは単純明快ですが主人公が可愛くなっていく様やパートナーの変人ぶりがなかなかおもしろく、友人の奥様に諭される場面はなるほどと思ってしまいました。
あとはタイピングって機械の仕組みからするにピアノの鍵盤から生まれたんだなぁと改めて。
そして現代のキーボードまでその流れが続くのは感慨深いですね。
今時ブラインドタッチは出来て当たり前だけど、タイプライターは一文字間違えたら終わり、しかも一文字一文字が重い。
恐ろしいです…。