andard

ザ・レッド・チャペルのandardのレビュー・感想・評価

ザ・レッド・チャペル(2009年製作の映画)
3.0
デンマークの監督が、韓国系デンマーク人コメディアンの二人組を、文化交流を名目に北朝鮮で公演をさせるドキュメンタリー。

北朝鮮の普段見れない映像が見れる、という点では一定の価値があり、最後まで見れる。
しかし、最初から目的がよくわからず、最後まで何がしたいんだかよくわからない。
北朝鮮での映像は冒頭に説明が入る通り、北朝鮮当局が検閲済みとのことなので、北朝鮮側に都合の悪い部分は映っていない。

コメディアンの一人が脳性麻痺者で、発話が特徴的かつデンマーク語なので彼の発言だけは当局にも伝わらず、北朝鮮に否定的な発言も残っている点は面白いけど。

独裁国家の国民に対する目線も、まんまと指導者の言うとおりにしている人々、という感じが伝わって来て、ちょっとなあ、という印象。それって自分達が北朝鮮側の指導に従って台本をどんどん変えていったのと同じことな訳で。

それにしても、前に見たザ・モールの時にも思ったけど、カメラマンの存在が全く感じられないのが異様な気がする。

何故かワンダーウォール。